忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[274] [275] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [262
Posted by - 2017.09.22,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.05.12,Mon
 
週末から今週にかけて、何故にこんなに寒いのでしょう ?  
 
昨日は気温 16度、今日も似た様な気候で まるで冬に舞い戻ったような環境下、収納した
ブルゾンをまた取り出し 本日の出勤と相成りました。 そのまま仕事をこなし、もう少しで今日の
仕事もハイ終了と思った時、自分に関係する良からぬニュースのテロップが目に入ってきました。
 
今日は流石に軽いショックを受けた報道にややとまどい。 やはり世界的な景気後退が進んで
いるような気がします。
 
 
ボクスター・オーナーの方々のほとんどがご承知だと思いますが、日本に輸入されている
ボクスター
/ ケイマンは、現在その全てがフィンランドの企業であるバルメット 
(Vamet Automotive co)
社がポルシェ車からの委託を受け、生産をしています。
 (2007年、ボクスター / ケイマンの全ての車がこのバルメット社で組み立てられました)


              20080512_Valmet_09.gif
 

このバルメット社は、フィンランド、メツォ社
( Metso Oyj ) の傘下企業であり、メツォ社自体は
繊維、木材、加工処理用機器およびシステム提供の、フィンランド国内におけるいわばコングロ
マリット企業の一つとして数えられます。 ( 規模では遙かに大きく事業内容もも違いますが、
三菱自動車を傘下に
持っている三菱グループのような形態と形容しても良いかもしれません)
 
そのメツォ社が、本日えっ ! と言うようなプレス・リリースを出してしまいました。
ボクスター・およびケイマンの生産削減を決定 だそうです。
 
すでに一部メディアではその公式報道が流れているものの、Web ではまだ検索が出来ないため
見つかり
次第 リンクをしておきたいと思いますが、ボクスター・ケイマンの売れ行きに暗雲が
立ちこめはじめている
とのこと。 よろしくないようです。
 

20080512_Valmet_01.jpg 


本日バルメット社の親会社であるメツォ社は、「
ボクスター / ケイマンの売れ行きが低下傾向に
あるため、今年秋口からバルメット社の生産ラインの縮小化に入る」と、公式発表をしています。
バルメット社は 2年前約 1,000人いた正規従業員を 200人削減し 800人へと変更。 さらに
今回労組と交渉中ではあるものの、今年秋口までの 3ヶ月の間におよそ約 300人レイオフをする
計画とのことです。

 
20080512_Valmet_02.jpg


理由は一目瞭然。 「
ボクスター RS 60 の限定バージョンの生産が終わったあと、ボクスター /
ケイマンの売れ行きが低空飛行。 仮に回復が見られるとして、早くても今年後半からでないと
期待できないとし、今回の人員削減計画に至ったと述べています。
 
メツォ社は製紙機械と削岩機メーカーとして世界最大の会社。 また自動車製造分野においては
フィンランド国内唯一の車製造メーカーのバルメット社を傘下に持っているものの、その生産期待
台数は、じり貧の傾向を辿っており、自社での修正がきわめて困難。 結果秋口からのリストラに
手をつけざるを得ない状態になってしまったようです。


20080512_Valmet_03.jpg
 
 
これからボクスター / ケイマンご購入を検討されていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、
一つ注意をされた方がよいかも知れません。 製造工場で人員削減が実施されるということは、
オーダー数が
少ないことに起因しているため、ひょっとすればデリバリーまでの日数が短縮される
かもしれません。 逆に 今年秋口のバルメット社の従業員数が、2年前の約半分となるため、
注文してから手元に車が届くまで、今まで以上の日数を要する可能性も考えられます。
納車までの予定時間には、多少のぶれが出る可能性があるかも知れません。
 
 


昨日
私のカイエンのちょっとした調整のため、某PCを訪れ営業の方々と雑談をしていました。
ショー・ルームにダーク・ガンメタの911 LH のカブリオレが飾ってあり、思わず手が出そうに
なりましたが、あくまでもキャララ・ホワイトの右ハンドルにこだわっている私には、いまいち
興味が沸かず 横目で眺めるのみでした。
 
ただカブリオレの展示車を見ることは滅多に無いこともあり、試しに担当の方に、「 911カブリオレの
右ハンドルのホワイト、ちなみに在庫あります
? 」と聞いてみると、「調べてみましょうか」との
ことで端末を検索して頂きましたが、しばらくして出てきた答えは期待通り、「
全くありませんとの
こと。 
それではと思い、「納期までどれくらいかかります ? と尋ねてみると、
一年半前後は考えておいて下さい。 ターボは 2年くらいですとのご神託です。
 

どこが不況なのでしょうか。 あっけにとられてしまいましたが、特定商品に対しては、まだまだ
それなりのニーズがあるようですね。 
もうひとつカイエン GTS の待ち時間を尋ねてみると、未だ 「一年半前後」 だそうです。 ひょっとして
ミニ・カイエン ( Roxster ) やパナメーラが発売になっていてもおかしくない待ち時間に、
そのときの自分の年齢は何歳になっているのだろうと、思わず頭の中で計算をしてしまいました。
 
 
静かに過ごしていれば、早期予約で2010年モデルのフル・モデル・チェンジのボクスターを
手に入れることが
出来る予感。 本心いうと 「 人気低迷のまま、その時期を迎えたら、納車が
早まることもあるのかなぁ 」とも思ってしまいました。
屋根開いて、リッター 9km 走り、合流などで危険な場面に遭遇すると アクセル全開で回避できる
ボクスター。 ここはじっと我慢で、新規モデルを狙うのも一つの手段かもしれません。

 
助手席にヨメを乗せ 週末をめっちゃ楽しめる車ですから、当面今のボクとご一緒するのは
言うまでもありませんが、ちょっと寂しいニュースです....。  
 
 
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]