忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[1] [2] [3] [4
Posted by - 2017.08.22,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.11.19,Wed

連日のカイエンになりますが、もう一台モディファイされたカイエン GTS。 ドイツにある
ルマー・デザイン ( Lumma Design ) 社 による 「 Cayenne GTS  CLR 550 R 」 。 


20081119_CayCLR_001.jpg



非常にユニークなフェイスを持ち、昨日の 2台と比べればむしろ可愛らしさを感じる反面、
どうしてどうして この CLR 550 Rは化け物のような装備を秘めています。


20081119_CayCLR_004.jpg

 
まず現行 カイエンGTS、4.8 L V8 405 hp のエンジンにスーパー・チャージャーを搭載し、
出力はなんと612 hp に強化。 足元は低位サスペンションと高性能ブレーキを備え付け、
シューズは 23インチ 315 / 23 のアロィ・ホィールとスポーツ・タイヤを装備。
「君は新幹線 ? 」 と問いかける前に、「君は耕運機 ? 」 と尋ねたいほど、大きなホィールです。


20081119_CayCLR_002.jpg


 
さらにエクステリアは、ご覧のとおり。 フロント・リアのスボイラーをはじめ、エグゾースト・
テールパイプ。 フロントグリルとボンネットもベントを施し、精悍さを強調。


20081119_CayCLR_003.jpg


 
インテリアはボディ・カラーに合わせ、ツートンのレザー・トリムで仕上げ、ハイエンド・
マルチメディアのオーディオ・システムが備え付けられています。


20081119_CayCLR_005.JPG

 
 
最高速度や販売価格などはまだ公表されていませんが、11月 29日 ~ 12月 07日に
開催されるドイツ・エッセン・モーター・ショーに展示。 その席上、全詳細が明らかになるとの
ことです。
 
日本ではこれら高度なスペックを生かしきれるところは限られていると思うものの、
話題作りには最高のウエポンかもしれませんね。 どなたか輸入していただければ、
見学にお伺いしたいと思います。  
 
それにしてもホワイト・カラーのステアリング、手入れが大変かと.....。
 
 
PR
Posted by フラン - 2008.11.18,Tue

最近ようやくカイエン GTS も市場に馴染んできたのでしょうか、カスタム化を得意とする会社が
独自デザインのカイエン
GTS を発表しています。


まずは Edo Competition 社。 江戸ではなく、ドイツにある Edo 社。 
シーボルト ( こりゃオランダか ) の解体新書が広まったのが Edo 時代。 最近はエド はるみ という
ちょっと変わった女優さんも活躍されているものの、今日の文章に 何の脈略もありませんです。
「 Goo~d 」 でよろしいんでしょうか。 エド はるみ、私のタイプかも知れません....(嘘)


20081118_CayEdo_001.jpg


話しが横にそれました。 Edo Competition 社がモディファイしたのが、カイエン GTS
結構凄いスペックです。

20081118_CayEdo_002.jpg


エンジンにまで手をかけ、現行のカイエン GTS が秘めている 405 hp を、ECUの改良や
エア・クリーナー、エグゾーストの置き換えにより、450 hp に増幅。
なんと 0 ~ 100 km / h の到達速度は 6.4秒。 最高速度は 270 km / h とのこと。
「 君は新幹線なの ? 」 って、思わず尋ねてみたくなるスペックです。

その他 6ポッド・キャリパーにブレーキ・ローターは 380 X 38 mm にアップ。

なおかつカスタマー・ニーズに沿い、前後の車高はスポーツ・サスペンション・システム
採用により、前・後輪個別に 14 段階調整可能とのこと。


さらにはフロント・スカートに付いた 4個のフォグ・ライトで いかつさを 表現。
おまけに 295 / 30 / 22 タイヤ履いています (現実を遙かにかけ離れ、笑わしてくれそうです) 。
最高速度は置いといて、さてその乗り心地は ?  そそりますねぇ。

20081118_CayEdo_003.jpg





続いてこれまたドイツの JE デザイン社 ( JE Design )。 日本にも代理店がありますが、
こちらはソフトなエクステリアの変更のみで、エンジン入植は対象外です。 

20081118_CayJD_001.jpg


出力は現カイエン GTS の 405 hp を保ったまま、エクステリアのドレス・アップ
主眼を置いています。 ちょっと大人し目でしょうか。 3.5 cm の車高ダウン。 
その上 3.0 ~ 7.0 cm の調整が、可能とのこと。
(この差は大きいのでしょうか。 一寸の虫に 五分の魂。 一寸って何センチだったのか... ? )


20081118_CayJD_002.jpg


エクステリア・キットは LED ランニング・ライトに変更され、上記江戸さんと同じ
22インチ 295 / 30 の、扁平・タイヤを履いています。  段差、きつそう。
さりげない見た目良しで、私にとってはこちらの方が良いかもしれません。

20081118_CayJD_003.jpg



独自モディファイされた2つのカイエン GTS、確かに存在感がありますネ。


いつか、入れ替えることが出来れば....、仕事頑張ります !


Posted by フラン - 2008.09.09,Tue


昨年末から要所要所で噂に上がっていた、カイエン 「トランスシベリア」 の特別仕様車 発売が
正式決定となりました。


20080909_CayTra_001.JPG



きっかけを作ったのが 昨年 11月 08日の、「 Middle East business resource 」 による記事だと
思いますが、正式発表の時期からしてみて、あながち当たっていた内容だったのかも知れません。

今回のトランスシベリア特別仕様車の発売に関しポルシェ社は、「 トランスシベリア・ラリー3連覇の
総合優勝の偉業と、今年上位 6位独占を記念して発売に漕ぎ着いた」と述べてはいるものの、
この時期の発売発表と市販開発時間を考慮すれば、どうやら中東諸国からのニーズが多かったと
いうのが本命かも知れません。


20080909_CayTra_004.JPG



まあそんなことはどうでも良いことでしょう、トランスシベリア・ラリーはロシア首都であるモスクワから
モンゴル首都ウランバートルまでのオフ・ロード・ラリー。 走行距離は延べ 7,000km 以上にに及ぶ、
深い川あり、標高 3,000m を超す山岳地帯ありの 2週間に渡る過酷レースであることは
間違いのない事実。
今年 8月 3日 ~ 17日にかけて開催されたトランスシベリア・ラリーにおいて、カイエン S を
ベースにした
「 ポルシェ・トランスシベリア 」 は、上位 10位のうち 7位を除く 9台がベスト・テンに
入るという、驚異の勝利を納めています。 

ちにみに 2006年は 1,2フィニッシュ、 2007年には1,2,3フィニッシュを飾っています。 今年の総合
優勝は、ポルシェ・フランス・チーム。 同チームが操ったカイエン S は、「何の故障もなく、唯一
ショック・アブソーバーを一回交換しただけ」と、トラブルのないカイエンを披露。 2位はポルシェ・
チーム・スペインで、チーム・フランスから 2時間 15分遅れ。 チーム・ジャパンの小川・金子組は
車両のアクシデントはなかったのですが、最後にポイントの間違いと湿地帯で各車渋滞による
ディレイで、総合 10位入賞。

確かにトランス・シベリア・ラリーの参加メーカーは ポルシェ・カイエンが全体の半数以上を
占めるものの、上位10位に 9台が占めるというのは、ある意味驚異ではないかと思います。

 
* こちら は今年行われた、トランス・シベリア・ラリーのオフィシャル・ページ
 * こちら はその記録フォト・ページ ( 1,000枚 以上のフォトが納められています )

 * さらにこちらは ↓ 、2008年 トランスシベリア・ラリーのビデオ。


      



さて今回特別仕様で発売される 「カイエン・トランスシベリア」、ベース車両は 「 カイエン S 」。
発表は今年 10月 02日 ~ 19日に開催予定の 「パリ・モーター・ショー 」 で発表され、正式発売は
来年初期からの予定。 販売価格は、後日発表予定とのことです。


スペックを今更グダグタ書く必要はないと思いますので、少しだけそのエクステリアをご紹介です。

元来トランスシベリア・ラリー参加の カイエン Sには、2つのカラーが用意されていました。
すでにご承知のように、ブラック・カラーを主体としたオレンジ・ストライプの車両と、
シルバー・カラーにオレンジをアクセントにした 2車種です。

ところが今回の特別仕様車は、合計 4種類カラーで発売予定です。 その内訳は、
1) お馴染みの ブラック・カラーに、オレンジ
2) 準定番の  シルバー・カラーにオレンジ 
                そして特別ボディ・カラーとして、
3) ブラック・カラーにグレーのアクセント
4) グレー・カラーにシルバーのアクセント   の、4種類です。


20080909_CayTra_003.JPG



そしてもう一つ特別オプション。 ルーフ・ランプが標準装備されています。 ただこのルーフ・ランプ、
本邦道路交通法に合致しませんので、走行中のランプ点灯はできないとのこと。


20080909_CayTra_002.JPG



さてカイエン GTS を狙いますか、それとも注目を集める、特別仕様のトランスシベリア・モデル ?
ポルシェ・ジャパンの HP では、
すでにこの 「 トランスシベリア」 が発表になっています。 
ご興味がございましたら、是非のご訪問を 。


ティストの違いが、人それぞれ分かれるところかも知れませんね !

Posted by フラン - 2008.08.12,Tue

 
かねてからカイエン・ハイプリッと平行し、ジーゼルを搭載したカイエンの噂やスパイ・ショットが
各方面の
メディアで紹介されていましたが、ようやくジーゼル・カイエンの発売が公式に
決まったようです。


869e5440.jpeg


ヴィーデキング・ポルシェ社最高責任者はドイツ Autobild 誌 とのインタビューで、
「2009年 3月に
ジーゼル・カイエンをデビューさせる予定だ」と公式に述べています。
 
カイエンに搭載されることになったジーゼルは、VWグループ (アウディ製) の 3.0 L V6 エンジンで、
今年秋口以降に発売となる VW社のトアレグ、およびアウディ Q7 のジーゼル仕様に搭載される
予定。 
出力は 240 hpと、現行の V6ガソリン・エンジンの 290hp から比べかなりの馬力減と
なるものの、
その燃費はガソリンの 9.6 L / 100km に対し、ジーゼルは12.9 L / 100km の
エコ走行が可能。


20080812_Audi_TDI.jpg


 
ただポルシェ社独自のジーゼル・エンジン開発は、トラクターを除きその歴史がないため、
今回候補に
上がった V6ジーゼル・エンジンはアウディ社で組み立てられた後、ポルシェ社では
ほとんど手を
加えることなく、カイエンに搭載することになりそうです。
でも当初見込まれていた TDI V12が供給されなかったのは、ウフフな理由があったのでしょうかねぇ。
カイエンのボディに入り切れなかったのか、はたまたアウディ社の抵抗か ?
これから発売になる、Q5 TDI ( 下写真は Q7) の売れ行きにも関わる事でもありますでしょうし...。


20080812_AudiQ7.jpg

 
 
当初ジーゼル・カイエンのデビューは 2011年からと目されていたのですが、夏前の原油価格の
上昇が激しく、特に米国で SUVの販売が急減したことで 前倒しの発売に漕ぎついたのでは
ないでしょうか。 これにより 2009年ジーゼル・カイエン、そして 2010年にリチウム・バッテリーを
搭載したカイエン・ハイブリッドの発売と毎年新しいモデルが加わると同時にフル・モデル
チェンジへと移行。 今後2年間、話題性にはこと欠かない、カイエンの進化が見られそうです。
さらにフル・モデル・チェンジが予定されているとされる 2010年モデルのカイエン、現行モデルより
もう一段シェイプ・アップされたボディにも、この V6ジーゼル・エンジンの搭載が可能とのこと。
 
 
しかしながらアウディ社から供給されるエンジンを、ほとんど手をかけずにカイエンに搭載するのは、
如何なものでしょう。 なんか何でも ありのようになってしまい、味気ない気がします。
CO2問題、欧米の排ガス法の強化、ガソリン価格の上昇があるとはいえ、だんだん安易に
プロダクトが
決められているようで、手っ取り早くアウディ Q7・ジーゼルを買ったほうが早いのでは
ないでしょうか。

ちょっと引いてしまうようなモデルにならないことを、願うばかりです。
 
 
Posted by フラン - 2008.08.06,Wed

これまで 「ミニ・カイエン」、あるいは 「 ロクスター 」と表現されていたモデル。 ここに来て多くの
メディアが、 「 2010年モデル・カイエン 」 との表現に変更しつつあります。

現行カイエンより一回り小さくなったボディの登場は まだ疑問の余地が残るところですが、
早々と 2010年モデルのカイエンの ビデオ が発表になっています。


20080806_2010Cayenne.jpg


今後、「 ミニ・カイエン 」 との表現が増えるかも知れませんね....。

Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]