忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[1] [2] [3] [4
Posted by - 2017.08.22,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.10.27,Mon

 
またまた F1ネタになり、しつこくて恐縮です。
 
PCのバック・アップで自分のマシンが使えなかった 先々週の週末、外出もままならず
ヨメのPCの横に座りいろいろな Webを徘徊しながら楽しんでいると、二人共ふとあることが
頭に浮かび上がりました。 「 そうだ来年の F1シンガポール GP開催時の航空機やホテルは、
また混むのかなぁ 」 とのヨメの呟きに、「 どれどれ 」 とマウスは某航空会社の HP を、
いつのまにかクリックしています。


20081027_F1_004.jpg

 

来年の開催日は既に発表されていますので、あとは Webで当日の予定便に日にちを入れるだけ。
シャカシャカとマウスを動かし Enter ボタンを押してみると、運賃はまだ発表されていないものの、
往復の便とも指定席の早割り
予約可能で出てきます。
 
「 当たり前だよな~、まだ一年先なのに予約出来ないはずがなし」 とヨメに告げると、
暫くして
「そうよねぇ 」 と切り返してきます。  因みに席はまだ空席が一杯あるだろうと、
座席見取り図を
開いてみたら....、


20081027_F1_005.jpg

 
なっなんと機体前部にある比較的静かなエコノミー席の、ほぼ半分が既に予約で埋まっています。
特に月曜日の帰国便では、窓側の 2人がけ席で空いているところがあと一列だけ。
ここでヨメが、「早くっ、今すぐ予約して~ ! 」 と叫んできました。  
 
あまりの剣幕に恐れをなし多少のためらいが出るも、ヨメの言葉に煽られた私は 我々夫婦と
子供たちの席をネットでいつのまにか
確保。 これで機体前方にある両サイド窓側 2列の席は、
一つ空席のある列が
やや残るのみで、半分以上埋まってしまいました。 
(ただ主翼から後ろの席や他の航空会社は、当然のことながらまだまだ余裕の予約状況です)

そうなんです、早々と来年のシンガポール GP 観戦予約を決めてしまいました。
決して人のことは言えませんが、結構な人数の方が早いうちから予約準備をされて
いらっしゃるようで、思わず我が家も乗っかってしまいました。
 

20081027_F1_002.jpg
 
 
次にトライしたのがホテルの予約。 シンガポール GPの市街地コース、イン・サイドにある 7つの
ホテルはすでに予約不可となっているか、相変わらず一泊 10諭吉以上するお値段で、早々とパス。
前回はコースから少し離れたオーチャード地区にホテルを確保したため、地下鉄を
利用しなければならず、やや不便でした。

そこで今回は市街地コースに近い、地下鉄シティ・ホール駅まで徒歩数分をターゲットに
片っ端から
グーグルをかけてみると、なんとかリーズナブルなお値段でコンディションの良い
ホテルを
発見です。


20081027_F1_001.jpg

 
来年の目標が出来始めたこともあり、ここからの行動は電光石火。 ターゲットとしたホテルに
宿泊希望日数とその他要綱を書き込み、メールを送ると翌日返信が到着。 
日本でのお正月
料金のような宿泊代ながらも、市街地コースまで徒歩 5分という納得できる
環境とグレードに、宿泊先も
予約を決定しちゃいました。 

ただこのホテル、カードからの宿泊代金引き落としを
認めてくれず、送金のみでの予約受付完了と
しているため、その後の手続きがやや複雑。 
先週週初に銀行へ行き まずは予約金を
支払いましたが、海外送金手数料が恐ろしく高く、目が点。
後戻りできない環境を、また作ってしまったようです。
 
 
残るは観戦席の確保のみとなってしまいました。 来年 Web での売り出しに全神経を
集中する
予定ですが、仮に取れなかった場合でも今年と同じようにチケット代理店を使えば
なんとか
なりそうな予感。


20081027_F1_003.jpg


 
来年のことを言うと、オニが笑うと言います。 
そのオニに笑われるような来年の、F1 シンガポールポール GPの航空券とホテルの予約を
既に完了してしまうという、気の遠くなるような待ち時間が発生してしまいました。
 
ほぼ一年も先のことなので、次のアップは来年のチケット争奪戦になると思いますが、前回同様
再びシリーズ物としてお伝えできればと考えていますので、期待しないでお待ち下さいネ。


 
PR
Posted by フラン - 2008.10.10,Fri

最近仕事が繁忙になり、少しストレスが溜まり気味。
帰宅で会社を出るときヨメに、「ぱ~っと、焼き肉でも食べに行くか ! 」 と電話をし、
一路なじみのお店に直行です。  

ところが金曜日というのに、がらがらの店内に、ちょっと驚き。
店長に、「 どうしたの ? 」 と聞くと、 「 3連休前の金曜日は、いつも暇になります」 との寂しい返答。
「 そうか 3連休か 」 と今頃思い、我が家にとって ほとんど何の予定もない、週末に突入しそうです。

お肉が運ばれてきて 「 さぁ、焼くぞ 」 と思った瞬間、ヨメが 「 ねぇ、これ見て 」 と、いきなり自分の
携帯画面をかざしてきました。 そこに写っていたものは、なんとウイリアムスのマシーン。
今日から子供が旅行にお出かけ。 途中の羽田空港にこのマシーンが飾ってあり、
「夢の余韻にもう一度」 と、写メを送ってきてくれたとのこと。

そういや今週末は富士サーキットで F1 GP の開催。 ヨメと 2人の食事での会話が、
再び F1 シンガポール GP の、思い出 ぶり返しとなってしまいました。


200810101619000.jpg




20081005_Mem_002.jpg



未だ強烈なエンジン・サウンドが、耳に焼き付き離れません。
アクセス抜群で待ち時間も少なく、本当に家族で楽しむことが出来、車に興味のなかった子供も
今ではすっかり虜になったようです。

ヨメは来年も行こうと、早くもホテルをネットで物色中。 そういう私も職場で、来年の休暇を既に打診。
いやはやです。

20081005_Mem_001.jpg


目の前に迫るライトに照らされたマシンと、あのゾクゾクするような音を再び味わいたいと、
ジワリ 次の巨大プロジェクトが、我が家に立ち上がり始めました。
最近の世情を考えてみると、来年の仕事は大丈夫かと思いつつ、まぁ何とかなるのではと
お気軽な考えとの葛藤。 この兼ね合いが、難しいところです。



20081005_Mem_005.jpg



宿泊費は少し痛いですが、その他支出はほとんどありませんでした。 いつも何かをショッピング
しているヨメは、F1グッズを買ったのみ。 私は 2諭吉をシンガポール・ドルに両替したものの、
70 S・ドルほど余ってしまいました。 考えてみれば 一日の大半をレース場所内で過ごしていたため、
一番多く買ったものは、大量の水だけ。  こんなに買い物意欲の出なかった旅行は、初めてです。


            20081005_Mem_003.jpg



またレース観戦では、指定席はそれなりに混んでいますが、自由観戦場所では観客がほとんど
いない ↓ このような場所もあり、目の前 3m をマシンが駆け抜けていきます。
「 このレース、俺のもの 」 と、これはもう 筆舌に尽くしがたい感覚です。


20081005_Mem_007.jpg



とりあえずどこかの観戦席を押さえ、座って観戦するのに飽きれば、あちこち転々と移動しながら
違う場所で立ち見観戦。 または芝生や縁石などに座って、違う角度でまた見学。
一定場所に長時間いることが苦手な私のような者にとって、もってこいです。

これで金網がなければパーフェクトなのですが、道路は全てフェンスに囲まれているのが
ちよっと残念。 ただ許容範囲内であることは、間違いないと思います。



                20081005_Mem_006.jpg
 


ボランティアや係員の方々は、総じて親切。 警察官、手荷物検査、誘導の係員も、丁寧語で
答えてくれます。 嫌になるような印象は何処もなく、帰国便に乗り込むまで満足満載の楽しい
旅行でした。



20081005_Mem_008.jpg



食事が終わり、お店を出た直後に ヨメが一言、「さぁ~ 野望パート 2 だ ! 」 とほざいています。

とりあえず、私は仕事に精出すことにしょうかと....。  はぁっ~。


Posted by フラン - 2008.09.29,Mon

翌 9月 29日 (月曜日)、帰国便が早朝のため午前 4時に起床。
眠い目をこすりながら、空港へと向かいました。

ジェット機は、すでに待機をしています。

3626dc7b.jpeg



機内に入り新聞を読んでいると、暫くして どこかでお目にかかった方が入ってこられました。
はっと気が付き、一人納得。 なんとシンガー兼、モーター・レース解説者の あのマッチ。
近藤 真彦 さんが、私の席から 2つ前の窓側に 座席確保です。

9ab97cc8.jpeg



そういやフジTVの放映解説をするとか、ヨメが言っていたのを思い出しました。
私は彼のことを知っていますが、彼は私のことを多分、いや絶対に知っていないでしょう。


最後までちょっとしたハプニングの連続。 なんか次の目標が出来たようで、いい感じです。
これから年末まで、仕事に没頭することにしたいと思います。


長期にわたり、「ヨメの野望」 を飽きもせずに ご覧いただいた皆様、お付き合いを頂き
大変ありがとうございました。 再度我が家の、小さなな夢の目標を作ろうかなって思っています。 
この Blog は続きますが、そのチャンスが訪れることを期待し、一端シリーズ物は終了いたします。

ありがとうございました。

Posted by フラン - 2008.09.28,Sun

夜の帳が降りてきました。 

公道サーキットに沿い、このようなライトが張り巡らしてあるため、路上は昼間のような明るさ。
ただそこは人工照明。 道路以外の周りは暗く、各パイロットの疲労と緊張感は計り知れないものが
あるでしょう。 観客はその姿に酔いしれているものの、レースに参加している全ての方々は、
いつも以上に大変だったのではないかと察します。


d50e85dc.jpeg


そして決勝戦が始まりました。 今日で見納めでもあるため、しっかりと記憶に残したいと思います。
本日は指定観客席に行くのを止めました。 下記写真を撮った場所は自由観戦場所。
規制柵から道路までの距離は、わずか 1m強。 走っているマシンまでの距離は 5m前後でしょうか。

その周りはビルに囲まれているため、耳栓は絶対の必需品。 今立っているところは入場ゲートから
かなり離れているため観客はまばらで、最前列で観戦可能でした。
手を伸ばせばマシンに届きそうな距離に、臨場感はもう最高。 特別指定席のような場所です。


さっ、3日連続、ヨメの狂喜乱舞が始まりました、


まずは今回の旅行計画に敬意を示し、ヨメが大好き ホンダの 16番、ジェンソン・バトンから~ !

7ff115a5.jpeg


続いてマクラレーン。 シルバー・のボディに照明が当たり、キラキラと輝いています。

a800205d.jpeg


レッド・ブル、ややピンぼけ気味でご容赦。

b9b097b5.jpeg


トヨタ、グロッグは 4位獲得ながらも、トゥルーリは油圧計トラブルでゴールできず。

6ac03f23.jpeg


ザウバー。 BMWのサウンドもなかなかなものです。

312a696a.jpeg


フォース・インディア。 れっきとしたフェラーリ・サウンドを奏でていました。

1b62bad9.jpeg


あまりのバトルに、カメラを流すことが出来ず。 マクラレーンとトヨタの、凄い競い合い。

c72ab664.jpeg


ヨメの機嫌取り。 もう一回、バト~ン。

426b87b1.jpeg


BMWザウバーも、もう一回。

9cd4742a.jpeg


またまたフォース・インディア。

433897b8.jpeg


独特のカラーを施しているため、一番撮影しやすかったレッド・ブルも再登場。

d54f5e0e.jpeg




でた~、私が補欠ドライバーに指名された、ウイリアムス。  乗り心地は熟知していますよ。

おっ、赤いヘルメットに、イエロー・カラー カメラ搭載。  中嶋選手のマシンだ~。 ↓

中嶋、 中嶋、 なかじまぁ~っ。 ( 野球場でヤジっている、おっさんみたい )

中嶋選手のドライビングのクセを、今回発見しちゃいました。

ちょうどカーブにさしかかる手前 50m 付近で観戦していたのですが、中嶋選手はスピードを落とすと、
必ず数回アクセルを空ぶかしするんですよね。 ばぉ、ばぉ、ばぉ、ばぉ です。
ところが途中からそれが 3回になり、そして後半は 2回に減少。 きっと疲れたのでしょう。


いずれにせよ 2位のニコと 中嶋選手の8位入賞、本当におめでとうございます。


4f63696a.jpeg



またまたザウバー、ホワイトが基調なので、このボディも夜間撮りやすいです。
といってもピンぼけですが....

3c907d53.jpeg



レッド・カラーに塗られたカメラ搭載のウイリアムス。  2位に入ったニコのマシ~ン。

1c0a8434.jpeg


マクラレーン。 フェラーリの赤いユニフォームを着た多くの観客に次ぎ、ボーダフォンの
Tシャツも結構目立ちました。

3e5e213d.jpeg


お馴染みのフェラーリ。
まさかガソリン・スタンド、いや違いましたガソリン・ホースを引きずって走るとは...。
中盤ペース・カーが入り、いつのまにかマッサが中嶋選手の後ろについて走っている光景が
現れ愕然。 マッサか。

4dc37afe.jpeg



最後にルノー。
アロンソ、なんと 14位から優勝へ奇跡の大躍進。 途中まで最後尾近くをなんか もっさりと
走っていたのですが、途中からあれっ ? みんなアロンソのあとを走っています。
最初 「 周回遅れか ? 」 と思ったものの、場内放送をよく聞いてみると なんとアロンソがトップ。

人間辛抱が大事だと、つくづく考えさせられました。


94ef8319.jpeg



そしてアロンソの姿が巨大スクリーンに登場。 よくやりました。

2a856348.jpeg


シャンパン・ファイト~っ。 アロンソにとって、今日の味は格別だったでしょうね。

f9403d29.jpeg



こうして我が家の 「 ヨメの野望、 F1 シンガポール 観戦計画 」も、無事終了を迎えました。
悪い言い方かも知れませんが、日頃粗末に接しているヨメに少しだけ恩返しが出来たでしょうか。
ただバトン、バトンと言っておきながら、子供と一緒にフェラーリの帽子をかぶり喜々としている
ヨメのその姿に、かなりの違和感。
「ホンダは何処行ったんだ ? 」と聞き返すと、「だって売っていないんだも~ん」との返事。

確かに数多くある野外グッズ売り場には、フェラーリ、ザウバー、マクラレーン・グッズが所狭しと
並んでいるものの、ホンダはエンブレム・マークの付いた Tシャツが少し置いてあるだけ。
寂しい光景に、家族みんなで祭りの終わりを感じ取った次第です。


18e8ccbb.jpeg


待ってろよ、シンガポール。 また来年来るからな、アバヨ~ !  (柳沢 慎吾 風に、ほざいときました)

4907f016.jpeg


F1 シンガポール GP、本当によかったです。 アクセスは便利。 観戦場所も、広大な敷地内を
自由に移動可能。 また 5m程離れたところには、マシンが疾走。 耳をつんざくエンジン音。
全てがパーフェクトでした。

シンガポール GP、ガムとたばこには制限がありますが、自信を持ってお勧めできる開催地です。


Posted by フラン - 2008.09.28,Sun

9月 28日 (日曜日)、いよいよ F1 シンガポール GP 決勝戦を迎えました。 

また半年以上前から暖めていた、「ヨメの野望 シンガポール観戦計画」 の総仕上げの日でもあります。
一番楽しい瞬間ながらも、今日で終わるかと思うと かなり寂しい思いが頭の中を何度も交錯。

天気予報ではレース当日 雨天の予想でしたが、お陰様で 3日間とも良い天気に恵まれました。
さっ、本日も快晴だ。 午後 4時過ぎに、開催場所に一番近い、地下鉄シティ・ホール駅に着きました。
めざせ、公道サーキット !


51cd7d2e.jpeg


会場内に入ってみると、ポルシェ・カップ・アジアの決勝戦が行われる直前。
スポイラーを高く上げた 各GT3 が勢揃い。 やはりポルシェは、後ろ姿が素敵ですね。
これから参戦に向かう、各車を見てみましょうか。


a386d508.jpeg



7b320558.jpeg



4327e77a.jpeg



306adf3d.jpeg



さっ まずはポルシェ・カップ・アジアの決勝戦、スタートです。

762ef55c.jpeg



レースに合わせ、コース・マーシャルの方々が、サーキット同近くに集合。 その写真を撮っていると、

19f5f174.jpeg


もっと近くで撮って欲しいと、こちらにいらっしゃいました。
フレンドリーな皆さん。 自分よりかっこ良く、いい顔立ちに大きく嫉妬。  負けた~。
(Blog up のご了承を頂いています)

197e7063.jpeg


さっ、レース開始です。

c654fa8a.jpeg


抜いちゃうよ~。

e38c02ee.jpeg


昨日最後尾を走っていたホワイト GT3、今日は如何に ?

42c1f32c.jpeg


ちょっと重そうかな ?

a43a1c8b.jpeg


今日も善戦、トルコ国旗カラー。

b4c9f264.jpeg


全力疾走、シルバー・カラーの車は速く見えます。

b6bf7679.jpeg



こうしてポルシェ・カップも約 30分ほどで終了し、2時間あとにはいよいよ F1 シンガポール GP の
決勝戦です。 さぁ~て、どこで観戦しょうか。


86ab8d10.jpeg


だんだんと夕方が迫ってきます。 大きな観覧車、蒸し暑い気候、ポルシェ・サウンドの余韻、
そしてサーキットを照らすどこまでも続いた照明灯。 色々な要素が、周りから自然と雰囲気を
醸しだし、ボルテージは高まる一方。

f4fd37bb.jpeg


今年の夏を締めくくるかのように、これから最後の礼拝を受けに行きます。
家族一緒に熱くなる F1 シンガポール決勝戦、あと少しでスタートです !

                                                 - to be continued -


Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]