忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
Posted by - 2017.12.12,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2009.01.18,Sun


お正月休みや3連休が明けた、ごく普通の週末。 久方振りに労働した心地よい疲れと寒さが伴い、
「 近場でも周回しょうか 」 と、ヨメと二人でまたまた定番コースをうろうろ。 
お台場・首都高・某所 PA、最後に TDR 外周コースを楽しんできました。 

土曜日ようやくニコン D700用のレンズが数本届いたこともあり、試し撮りを兼ねた
定番コースのまったり走行。 いつものように、週末の時間の無駄遣いです。


ある方が追い続けていらっしゃる、ネコちゃん写真。 完全パクリで、大陳謝。
まずはちょっとひ弱そうな、お台場のドンから。 でも目はメンチ切っています。
近づいても逃げない台場のドンに、腰を引きながら 必死に激写。 
ところが2枚目を撮ろうとしたら、逃げちゃいました。 もう少しアップで撮りたかったのに~ぃ。


2009_0117_Test_002.jpg



続いて届いたばかりのレンズ、 シグマ 150-500mm。 あー、へたくそ !!
2009_0117_Test_001.jpg



逆光で、スモッグ警戒警報が出ているような、グレーだらけの写真となってしまいました。
シグマの望遠は、私にとって 手強い相手になりそうな予感。  



続いて首都高を目的もなくうろうろ。 定番の PA に立ち寄り、今年最初のいつもの写真撮影。


2009_0117_Test_003.jpg



暫くすると、C4S ドライバーの素敵な方からのお声がけ。 ありがとうございました。
いろいろとお話をさせて頂き、出てきた最終結論は 「やっぱりポルシェに限る。
しかも自分の車が一番だ ! 」 と、二人納得。  
911だけじゃないですよ、「やっぱりポルシェはどれに乗っても最高だぁ~ 」 との円卓会議の結論でした。


2009_0117_Test_004.jpg



それにしてもシルバー・カラーのアクセントの入った BBS の限定ホィール、
早そう、かつ視覚が素晴らしい !  一時ではありますが、ほのぼのしたお時間をいただき
C4Sさん、大変ありがとうございました。


2009_0117_Test_005.jpg



その後首都高をうろうろ。 レィンボー・ブリッジ、何回通っても飽きません。 


2009_0117_Test_007.jpg



続いて鉄骨のオブジェを通過。 隙間から かいま見る観覧車、毎回違った綺麗な光景を満喫できます。


2009_0117_Test_008.jpg




さて 本日届いたレンズの、試し撮りをしてみました。
まずはニコン D700 を買ったときに付いていた、ニッコール 24-120 mm から。 
イメージ通りの、良い味を出してくれます。


2009_0117_Test_009.jpg



続いて仕入れたシグマ マクロ150mm F 2.8、単焦点レンズ。  
これは良いなぁ。  いや凄く良いです !  綺麗なボケを作ってくれます。


2009_0117_Test_010.jpg



そして今回メインとなった、ニッコール 14-24mm F 2.8 GED。 フルサイズ専用のレンズ。
フードがレンズ本体と合体していてかつ凸面レンズがむき出し、フィルターが装着できません。
使用するのが怖いこのレンズで撮ってみると....、う~ん、猛練習が必要なことを実感です。


2009_0117_Test_011.jpg



そしてシグマ 8mm、F 3.5 EX DG 魚眼レンズ。  何かに似ていると思ったら、ドア・スコープと一緒。
使い道が難しそう....、 はぁ~。


2009_0117_Test_012.jpg



最後にシグマ 単焦点 50mm F 1.4 EX DG HSM。 これはキャノン 40Dにもと思い、2本仕入れちゃいました。
50mm ながらもフィルター口径は 77mmもあり、ずしりと重いレンズです。
描写表現は、かなり豊か。 これも結構良かです !


2009_0117_Test_013.jpg


2009_0117_Test_014.jpg




と、練習満載の週末となりましたが、帰宅時にヨメが D700で撮った写真が一番綺麗かも知れません。
しかもシロクマ 2号の、フロント・ガラス越し。


2009_0117_Test_015.jpg



ヨメに、「 D 700 の説明書読んだの ? 」 と尋ねると、「押すだけー」 との一発回答。
まるで魔法瓶を操るようなヨメに、またも完敗。 仕事していたほうが、どんだけ楽か....。

天気の良い週末、一般道も これまた楽しです。
PR
Posted by フラン - 2009.01.16,Fri

さぁ~て 約一ヶ月先になりますが、今年初のイベント開催のご案内です。

今回もまた BG さんが、綿密なスケジュールを組んで下さいました。 
「 アクセル全開で ぶっ飛ばせ 」 ということで、カート選手権の体験ツーリングは如何でしょう !
題して 「 Cart Grand Prix in 飯能 」 です。

開催予定日は 2月 21日 (土曜日)。 この頃になると、寒さも幾分和らぎ始めていると思います。
いつものように参加表明は必要ございませんので、当日午前 09:30時、埼玉県日高市にある
「 サイボク・ハム 」 第 3駐車場 に集合して下さいね。

サイボク・ハム本店 : 埼玉県日高市下大谷沢546 / TEL. 042-989-2221


当日雨天の場合は残念ながら延期とさせて頂きますが、前日金曜日の午後 10時頃に
このブログで可否を告知致します。

なおお問い合わせなどがございましたら、Boxs987@@aol.com  (クリックでメールが自動的に
飛び出しますが、わざと @ を二つ付けていますので、一つ消去下さい ) までご連絡下さい。

それでは、下記がそのスケジュールです。  ( 地図などはクリックすると拡大します )


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
       20090116_CGP_003.jpg
20090116_CGP_001.jpg 
                                               20090116_CGP_002.jpg
 
2月21()埼玉県は飯能にて「早起きは三文の徳だよ!グランプリカートレース」を開催します。
春近し!少々の寒さは皆さんの暑苦しい熱気で吹飛ばし、完走後には火照った身体を
シャンパンファイトでクールダウンしましょう。みなさまのお~気~軽~な、ご参加を
心よりお待ち申し上げております!
 
日時・場所 :   2009221() 930サイボクハム本店「第3駐車場」集合(地図あり。
当日の予定:  下記順序で進行する予定ですが、天候・参加人数・道路状況等によって
臨機応変に対応したいと思います。
※雨天延期 / 前日220日22時の予報時点で雨の確率が高い場合は改めて
告知をさせて頂きます、大変お手数ですが前日の確認をお願いします。
 
  MAP_2_1.jpg


① 09:30 – 「サイボハム」本店集合 / 埼玉県日高市下大谷沢546 / TEL. 042-989-2221
② 10:30 – しばし歓談後、創業1946年63年の歴史を持つサイボクハムを見学&ショッピング!
③ 12:00 – 国道299号線で狭山~飯能へ「フォーミュランドラー飯能」へ到着
④ 12:30 – 申込み・コース説明などを受けて頂きます。
⑤ 13:00 – 8分/1回(10周前後)の1回毎の通常レンタル走行を予定しています。
⑥ 14:30 – 自然解散~ここからは当日の雰囲気と各自のご予定で決めて頂きたいと思っています。
 
参加費用 : レンタルカートレースは各自個人負担です、3,000円/8分(1回)保険料込み。
 
カートとは雖も80㌔近いスピードと共に危険が伴いますので、下記の通り注意事項を
よくご理解のうえご参加頂き、各自自己責任で事故など無きよう十分にお気をつけください。
 
     ヘルメット・グローブは無料で貸出しがありますが、お持ちの方はご持参頂いてもOKです。
     半ズボン・サンダル等での走行は出来ません。
     酒気を帯びている方、体調の悪い方の走行はできません。念のため(^^
 

という流れで有意義な土曜日の午前+α を過ごせる予定です、もちろん途中、離脱・参加もOK!
特にイベント的な集まりではありませんので、車種・趣味・年齢など一切の括りはありません。
どうぞお気軽にお集まりいただき、皆でワイワイ楽しい時間を共有しましょう。
                                                       幹事:BG.


  MAP_3.gif

サイボクハム」本店集合 / 埼玉県日高市下大谷沢546 / TEL. 042-989-2221
 
 
ピンクルート:  圏央道狭山・日高ICを川越方面へ下り、1つ目の信号を左折。
          国道407号線に入り、田木交差点を右折、道なりに約5分。
 
 
 
イエロールート:圏央道鶴ヶ島ICを国道407号線方面へ。圏央道鶴ヶ島入口交差点を左折、
          高萩交差点を左折、1つ目の信号を右折し、すぐ左折した後、道なりに進み、
          突き当りのT字路を右折してすぐ。
 
 
グリーンルート:関越道川越ICより国道16号線を八王子方面へ。ロッテ工場とロッテリアのある
          交差点を右折し、入間川大橋を渡り、突き当たりの信号を左折、柏原交差点を
          右折した後、道なりに約3分。



  MAP_1_UP.jpg



以上、宜しくお願いします。
Posted by フラン - 2009.01.15,Thu

 
少し古い、先週のお話です。
年初早々にもかかわらず旧友から、「 年末多忙で飲むことが出来なかったので、
新年会でもしようか 」との電話でのお誘い。 
私も夜の予定が全くなかったこともあり、二つ返事で OK と返答。
待ち合わせたのは某所駅前。 ただ友達は、「急な仕事が入ったということで、
20分ほど遅れる」 とケータイに連絡をくれました。

 
「 おいおい、夜の寒空で 20分待ちかよぅ 」 と 愚痴の一つもこぼしたくなりましたが、
今からコーヒーを飲むと寝られなくなるし、さりとて先に飲んでいるのもつまらないと思い、
結局待ち合わせ場所で友達が現れるまで待つことに決定。 しかしそれにしても寒い夜です。
 
ぼーっとたたずみながら駅の出口を暫く見つめていると、ちょっと面白いことに気が付きました。
電車到着の時刻に合わせ、一定の間隔で通勤客などの流れが続いた後、人影はまばらな
時間が続き、また電車が着くと人の波がどど~っと押し寄せます。 
その瞬間、「お疲れ様でした」とか、
「宜しくお願いします」などの歯切れの良い挨拶が飛び交い、
急に駅前が賑やかになってきます。

 
20090115_Box_001.jpg
 
 
 
ご想像通り人並みが増えるとともに、パンフレットやティッシュを配っていらっしゃる
数名の方々が
挨拶をかけながら、我先に自分の配布物を差し出しています。 
ここで今更ですが、ある
法則を発見してしまいました。 配布されているグッズの
種類によって、受け取る方の
人数が、ずいぶんと違ってくるのですね。

記憶に残っている範囲で列挙してみると、
 
1. 飲食店の割引クーポンなどが付いた小雑誌
           ほとんど誰も受け取らない。  30人に一人くらい、いらっしゃるかどうか。
2. ファースト・フードや旅行・新築マンション販売などのパンフレット
           これもほとんど受け取る人無し。 上記小雑誌と、同じ確率です。
3. 上記パンフレットがビニールに包まれているか、綺麗な袋に入っている場合
           やや受け取る人は増えるものの、劇的な変化は見られず。
4. ポケット・ティッシュ (業種に関係なく)
           受け取る人がかなり目立ちます。 3人に一人くらいまで、確率が上昇。
5. 何が入っているか、得体の知れないもの。
            これも数がぐんと増え、 2人に一人以上は受け取っていらっしやったようです。
 
 
特に何を言おうとしているわけではないものの、寒さでコートのポケットに手を突っ込んで
いらっしゃる方が多いのも、受け取らない大きな理由になっていると思います。
ただポケット・
ティッシュなどの実用品や ちょっと変わった配布物に、思わずもしくは
必ず手を伸ばす方は
かなり多いのではないかと....。
 
 
それではふと自分を振り返ってみた場合、果たして私はどうしているのでしょうか。
まず、割引クーポンの付いた小雑誌。 過去 1,2度受け取ったことが実際あります。
ただ中を見て
実用性のあるものは、ほとんどありませんでした。 ソフト・ドリンク一杯、
付け出し無料の
ために、かさばる雑誌を持ち歩く煩雑さとその処分を考えれば、
受け取らないに限ると決定。 
無料雑誌も含めて、今では興味の対象外となっています。
これはパンフレットも同じでしょうかか。 貰っても見てみる意欲がないため、最近は素通りです。


20090115_Box_002.jpg

 
 
ところが幼い頃、「もったいない」の躾を嫌というほど受けた悲しい性。
ポケット・ティッシュの
配布に、私はほとんど手を出しているようです。 
たまに自分の前で配布ティッシュがなくなると、
心の中で「アウト~」と叫んでいる己に
気が付くことが多々あるようで....。  ( セコイ ! )
 
 
反面頂いたティッシュ・カバーに書かれている CMを、まじまじ見たこともないようで、
私に対するその企業の CMは、残念ながら効果がほとんどゼロかもしれません。  

ただ昨年同じく無料配布で頂いたティッシュの中で、強烈なものが一つありました。
中の紙がホワイトではなく、なんとブラック・カラー。  さすがにこれには驚き、
カバーをよく見たら、
そこには夜の部活である、綺麗なお姉ぇさまが部員のクラブ名がくっきり。 
さすがに黒い色のティッシュの使用は違和感が強く、全く使わずで終わってしまいました。。

 
さて 最後にキッチリ手を出してしまう無料配布グッズ。 少し厚みがあり、箱入りとなると
気持ちは「 なんだ 何んだ 」 の高ぶりと共に、「出来る限りゲットせよ」 と脳波が指令。
受け取るというよりも、もぎ取ると言った行動に出ていると言った方が正確かもしれません。
( もっとセコイ、パート II )
 
 
人の流れをぼんやり見ながら寒さに耐え続けていた最中、予定時刻から 15分遅れで
旧友がやってきました。 開口一番、「待った~ ?」 との とぼけたお尋ね。 ここは反撃に
出なきゃと思い、「あと 5分遅れてきたのであれば、マッチ売りの少女ならぬ、マッチ売りの
おぢになっていたぞ ! 」 と返答。 すかさず友達から返ってきた答えは、
「あっ 20分遅れだと、
変身した女の子と、デート出来ていたんだ ! 」


まさに類は友を呼ぶ。 両者ともノー天気であることを再認識してしまった、めちゃ寒い冬の駅前。


20090115_Box_003.jpg

 
 
あっ、忘れていました。 今回アップした写真は、その時に無料配布で頂いたボックスです。
中に何が入っているのか確かめず、コートのポケットにしまいこんでいたのを、本日朝 発見。
中を確かめてみると、某社スポーツ・クラブ募集のパンフレットと共に、出てきたものは
携帯用ホッカイロ。  こんなことなら、待っているその場で使っておくべきでした。
 
六日のあやめ、十日の菊。 今日アップの内容といい、やはり私は何処か抜けているようです。
 
Posted by フラン - 2009.01.14,Wed

なんか暗いニュースばかりなので、消費意欲が沸くかも知れない、
こんなニュースはいかがでしょう。 まずはおこちゃまの、独り言から....
 
 
「この 550 スパイダー、いいでしょう。 とーちゃんに買ってもらったんだ。 特別注文の
手作りでさぁ、アルミと鉄で出来てんだぁ。 ちゃんとポルシェ社の承認も取ってあり、
ボルトなどの部品は、ポルシェから供給される本物でつくってあるんだぜぇ 」


20090114_550Spyde_015.jpg



「普通エンジンは 24 V のモーターなんだけど、ボクのはヂーゼル・エンジンが搭載
されているんだって。 とうちゃんに この車の値段を聞いたら、5万ポンドって言っていた。
邦貨に直すと 660万諭吉くらいじゃないの ?  
そんなことよりもさぁ、誰かボクも
オフ会に誘ってよ。 とーちゃんも一緒に連れて行くからさぁ 」


20090114_550Spyde_016.jpg


 
「 えっ、ボクの名前 ? ブルックリン って言うの。 フル・ネームで ブルックリン・ベッカム。
ついでにとーちゃんは、ちょっと有名かな。 今年から ACミランでプレーすることになった、
あのディビッド・ベッカムが、とーちゃん なんだよ 」
 

 
とまぁ 小さなおこちゃまが 独り言を言っているわけではないのですが、この男の子
あのディビッド・ベッカム選手のれっきとした長男、ブルックリン・ベッカム君のつぶやきを
想像して表現してしまいました。
( ただにっこり微笑んで撮影されている男の子は、残念ながらブルックリン君ではなく、
モデルさんです)

別名ベッキンガム宮殿と呼ばれ、
ロンドン郊外にあるベッカム選手の大邸宅のお庭で
長男であるブルックリン君は、実際このミニ・550 スパイダーの操縦を目一杯楽しんでいるとのこと。
 

乗っているのは 1 : 2.3 に縮小されたトイ・カーで一人乗りとはいうものの、
ジーゼル・エンジンを搭載し、パーツなどはポルシェの純正部品を使い忠実に再現された
ポルシェ 550・スパイダー。 おまけに手作りの受注生産で、一台何と 660万諭吉。
なんとまぁ、開いたマウスが閉まらないです。 
( ↓ 下は本物の、 550スパイダー。 今でもその面影をボクスターに残しているような、
美しいフォルムです )

 
20090114_550spyder_005.jpg


 
ミニ 550・スパイダーの大きさは、セカンド・シートを倒したカイエンの後部にすっぽり
入りますので、想像が付き易いのでは。


20090114_550Spyder_011.JPG


 
ここはやっかみを抜きにし、お父さんが頑張っているからこそ 息子さんが楽しんでいると
賛美の言葉を送っておきましょう。
 
 
ミニ 550・スパイダーを製作したのは、ZooSpeed という会社のようです。 電動モーターの
製品ならば ネットでオーダーも可能なようですので、ご興味がございましたら上記会社へ
お問い合わせ下さい。
 
 
しかし子供のおもちゃに 660万諭吉ですか....
努力と運と、ちょっとしたひらめきとチャンスがあれば、ここまで出来るのですね。
羨ましいという以前に、「 やはりベッカム選手は凄~い 」 の一言です。
 
 
Posted by フラン - 2009.01.13,Tue

しばらく取り上げていなかったこともあり、久方ぶりに原油価格の動向です。
 
 
12月に入り、各所のガソリン・スタンドのガソリン価格が目に見えて下がり始め、関東の
ただ下げ足が速過ぎるようで、行きつけのガス・スタンドのお兄さんは、「仕入れ価格よりも
販売価格の下げが早く、経営は大変 」 と嘆いていらっしゃいます。
 
 
言われてみれば関東近郊の一般道を少し走ってみると、閉店したスタンドがあちこちに
見受けられます。 価格が上がるときも下がるときも極端な動きをするので、ガス・スタンドの
経営は本当に大変なのではないでしょうか。
 
 
それでは昨年一年の原油先物 ( WTI ) 価格推移を振り返ってみると、下記のとおり。
チャートはニューヨーク商業取引所 (NYMEX) における、2月限 原油先物価格 (WTI) の推移です。 


20080112_Clude_oil.gif
                                         ( 引用 : WTRG 社 Web )

 
昨年春から右上がりで上昇を続けた原油価格先物は、 7月 11日、1バレル (約 159 リットル)
148.17ドルの最高値を付けたあと急反落。 その後 9月 15日、リーマン・ブラザースの破綻を
きっかけに本格的な金融不安が広がり、原油価格の下落に拍車。 10月初旬には 1バレル
80ドルの大台をも割り込んでしまいました。

 
その後上げる場面もなく年末まで下げの勢いは停まらず。 12月 24日にはなんと
35.13ドルという昨年の最安値を記録。 7月の高値から ▲ 76.3 % の大幅下落を演じて
してしまいました。
この過程において、下げの要因となったのが、商品ファンドやヘッジファンド、また個人を含む
投機的な資金の利益確定売りが続いたこともありますが、そこにはもう一つの面白い売り手が
見え隠れしていたようです。

 
ちょっと古い話で恐縮です。 その売り手とはメキシコ政府。 メキシコは世界台 6位の
産油国なのですが、同国の財政収支における原油売上代金が歳入の 約 40 % を占める
産出予定の 3億 3,000万バレルに及ぶ原油を 1バレル 70ドルのプット・オプション
( 70ドルで売る権利) を買い、 今年 1月~12月までの石油販売代金を固めてしまいました。
(一部デルタ・ヘッジもしているとのこと)

 
これは実質原油先物を売る行為とほぼ同じであるものの、今年原油価格が 70ドルを超えた
場合、70ドルでしか売ることが出来ません。 ただその水準を大きく下回った現在の
原油価格、メキシコ政府のしてやったりの顔が浮かんでくるようです。 このように産油国自らが
売りヘッジで原油先物市場の売り手となっていたことが昨年 11月に発表され、市場は
もう一段の売りに拍車がかかりました。 産油国自らが原油価格を押し下げる行為に
出ていたなんて、誰も想像しませんよね。 そりゃ他の投資家が慌てて売りに回るのは、
経済の原則であることに間違いはないでしょう。

 
さらに昨年11月および12月、急速に悪化していく米国景気を背景に次々と発表される
同国主要経済指標は、いずれも何年振りという悪化した数値の数々。 これと平行しドル安が
一気に進んだこともあり、12月 24日に原油先物価格は 昨年一年間の最安値である
1バレル 35.13ドルまで売り込まれてしまいました。



* NYMEX  2月限、WTI原油先物価格 過去 1年間 の日足グラフ 
                  ( 2008年 1月 2日 ~ 2009年 1月 13日 時間外取引 )

20080112_Clude_oil_01.jpg
 
                                         ( 引用 : Bloomberg 社 ) 
 

ただ今年に入り、イスラエル/パレスチナの紛争が激化。 中東諸国に緊張感が走ったため
原油価格は反発。 その後 1月 6日には 50.47ドルと 1ヵ月半振りの 50ドルの大台を
ブレークして買い込まれましたが、先週金曜日発表になった 12月の米国失業率が + 7.2 % と
約 15年振りの大幅悪化。 さらに非農業部門雇用者数の ▲ 52.4万人減で、景気後退が
本格化し始めたことを市場は再確認。 さらにボーイング社 4,500人の人員削減など、
大手企業の経営も急速にスランプが目立ち始めたことで、石油需要の先細りが推測され、
原油価格は再び下落トレンドを形成。 昨日 1月 12日の終値は 1バレル 37.59ドルまで
下げています。



* NYMEX  2月限、WTI原油先物価格 過去 5日間 の日足グラフ 
                ( 2009年 1月 7日 ~ 1月 13日 時間外取引 )

20080112_Clude_oil_003.jpg
 
                                        ( 引用 : Bloomberg 社 )
 
 
昨年強気見通しで話題となっていた ゴールドマン・サックス社の原油価格の直近見通し
( 1月 12日レポート ) では、 世界的な景気後退と在庫増で今年第 1四半期の原油価格は
1バレル 30ドルに低下と予測。  ただOPEC諸国の減産などが効果を上げ、今年末には
1バレル65ドルへと上昇するであろうと見込んでいるようです。
 
 
一方ニューヨーク商業取引所 (NYMEX) における原油価格先物では、ちょっと気になる
価格が形成されています。 原油先物の取引期日は 2017年の 8年先まで上場されて
いますが、昨日 1月 12日の各期日、1バレルあたりの原油先物価格各終値は、
 

*  NYMEX  WTI原油先物価格、各年限取引 終値 ( 2009年 1月 12日現在 )
 
2009年   2009年 以降   2009年 以降  
  2月限 37.59 ドル 2010年 12月限 64.63 ドル 2014年 12月限 74.37 ドル
  3月限 43.65 ドル 2011年 12月限 68.24 ドル 2015年 12月限 75.92 ドル
  6月限 50.91 ドル 2012年 12月限 70.63 ドル 2016年 12月限 77.23 ドル
  9月限 54.44 ドル 2013年 12月限 72.76 ドル 2017年 12月限 78.33 ドル
12月限 57.17 ドル        



期近物である 2009年 2月限の取引価格が 37.59ドルと、期先物である将来の各年限の
取引価格を極端に下回っています。  これは現在の世界の経済環境が最悪期で、石油
消費が低迷し、在庫が増えると見られていることが大きな要因になっているようです。

 
ただ今年後半から景気回復が始まるか、あるいは OPEC諸国などの減産が継続されると
仮定した場合、その効果が現れ将来的に原油価格は上昇すると原油先物価格は物語って
いるのではないでしょうか。

 
 
過去を調べてみると、この 1リットル 106.80円近辺のレギュラー・ガソリン価格であったのが
1996年 (平成 8年) 5月という、実に 13年振りの低い価格となっています。

 
1 リットル 2ケタ台が視野に入ってきたガソリン価格。 しかしながらここまで下落しているのにも
かかわらず、週末の高速道は結構空いていますね。 経済環境の悪化で、全体的に省エネ
意識が定着したままなのでしょうか。

 
近々高速料金が何キロ走っても 1,000円に改定される予定です。 またどっと車が増える
かも知れませんが、
少しくらい渋滞しても、賑やかなほうが良いのかもしれませんネ。
 

 
私の場合は幸いなことに、カイエン S に搭載されているほとんど空のガソリン・タンクの状態から、
2度の給油をしなければならない (給油価格が 5桁を超えることは、法律で禁止されているとのこと)
煩雑さも、まもなく解消されそうです。



 
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]