忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[404] [403] [402] [401] [400] [399] [398] [397] [396] [395] [394
Posted by - 2020.05.26,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.09.28,Sun

夜の帳が降りてきました。 

公道サーキットに沿い、このようなライトが張り巡らしてあるため、路上は昼間のような明るさ。
ただそこは人工照明。 道路以外の周りは暗く、各パイロットの疲労と緊張感は計り知れないものが
あるでしょう。 観客はその姿に酔いしれているものの、レースに参加している全ての方々は、
いつも以上に大変だったのではないかと察します。


d50e85dc.jpeg


そして決勝戦が始まりました。 今日で見納めでもあるため、しっかりと記憶に残したいと思います。
本日は指定観客席に行くのを止めました。 下記写真を撮った場所は自由観戦場所。
規制柵から道路までの距離は、わずか 1m強。 走っているマシンまでの距離は 5m前後でしょうか。

その周りはビルに囲まれているため、耳栓は絶対の必需品。 今立っているところは入場ゲートから
かなり離れているため観客はまばらで、最前列で観戦可能でした。
手を伸ばせばマシンに届きそうな距離に、臨場感はもう最高。 特別指定席のような場所です。


さっ、3日連続、ヨメの狂喜乱舞が始まりました、


まずは今回の旅行計画に敬意を示し、ヨメが大好き ホンダの 16番、ジェンソン・バトンから~ !

7ff115a5.jpeg


続いてマクラレーン。 シルバー・のボディに照明が当たり、キラキラと輝いています。

a800205d.jpeg


レッド・ブル、ややピンぼけ気味でご容赦。

b9b097b5.jpeg


トヨタ、グロッグは 4位獲得ながらも、トゥルーリは油圧計トラブルでゴールできず。

6ac03f23.jpeg


ザウバー。 BMWのサウンドもなかなかなものです。

312a696a.jpeg


フォース・インディア。 れっきとしたフェラーリ・サウンドを奏でていました。

1b62bad9.jpeg


あまりのバトルに、カメラを流すことが出来ず。 マクラレーンとトヨタの、凄い競い合い。

c72ab664.jpeg


ヨメの機嫌取り。 もう一回、バト~ン。

426b87b1.jpeg


BMWザウバーも、もう一回。

9cd4742a.jpeg


またまたフォース・インディア。

433897b8.jpeg


独特のカラーを施しているため、一番撮影しやすかったレッド・ブルも再登場。

d54f5e0e.jpeg




でた~、私が補欠ドライバーに指名された、ウイリアムス。  乗り心地は熟知していますよ。

おっ、赤いヘルメットに、イエロー・カラー カメラ搭載。  中嶋選手のマシンだ~。 ↓

中嶋、 中嶋、 なかじまぁ~っ。 ( 野球場でヤジっている、おっさんみたい )

中嶋選手のドライビングのクセを、今回発見しちゃいました。

ちょうどカーブにさしかかる手前 50m 付近で観戦していたのですが、中嶋選手はスピードを落とすと、
必ず数回アクセルを空ぶかしするんですよね。 ばぉ、ばぉ、ばぉ、ばぉ です。
ところが途中からそれが 3回になり、そして後半は 2回に減少。 きっと疲れたのでしょう。


いずれにせよ 2位のニコと 中嶋選手の8位入賞、本当におめでとうございます。


4f63696a.jpeg



またまたザウバー、ホワイトが基調なので、このボディも夜間撮りやすいです。
といってもピンぼけですが....

3c907d53.jpeg



レッド・カラーに塗られたカメラ搭載のウイリアムス。  2位に入ったニコのマシ~ン。

1c0a8434.jpeg


マクラレーン。 フェラーリの赤いユニフォームを着た多くの観客に次ぎ、ボーダフォンの
Tシャツも結構目立ちました。

3e5e213d.jpeg


お馴染みのフェラーリ。
まさかガソリン・スタンド、いや違いましたガソリン・ホースを引きずって走るとは...。
中盤ペース・カーが入り、いつのまにかマッサが中嶋選手の後ろについて走っている光景が
現れ愕然。 マッサか。

4dc37afe.jpeg



最後にルノー。
アロンソ、なんと 14位から優勝へ奇跡の大躍進。 途中まで最後尾近くをなんか もっさりと
走っていたのですが、途中からあれっ ? みんなアロンソのあとを走っています。
最初 「 周回遅れか ? 」 と思ったものの、場内放送をよく聞いてみると なんとアロンソがトップ。

人間辛抱が大事だと、つくづく考えさせられました。


94ef8319.jpeg



そしてアロンソの姿が巨大スクリーンに登場。 よくやりました。

2a856348.jpeg


シャンパン・ファイト~っ。 アロンソにとって、今日の味は格別だったでしょうね。

f9403d29.jpeg



こうして我が家の 「 ヨメの野望、 F1 シンガポール 観戦計画 」も、無事終了を迎えました。
悪い言い方かも知れませんが、日頃粗末に接しているヨメに少しだけ恩返しが出来たでしょうか。
ただバトン、バトンと言っておきながら、子供と一緒にフェラーリの帽子をかぶり喜々としている
ヨメのその姿に、かなりの違和感。
「ホンダは何処行ったんだ ? 」と聞き返すと、「だって売っていないんだも~ん」との返事。

確かに数多くある野外グッズ売り場には、フェラーリ、ザウバー、マクラレーン・グッズが所狭しと
並んでいるものの、ホンダはエンブレム・マークの付いた Tシャツが少し置いてあるだけ。
寂しい光景に、家族みんなで祭りの終わりを感じ取った次第です。


18e8ccbb.jpeg


待ってろよ、シンガポール。 また来年来るからな、アバヨ~ !  (柳沢 慎吾 風に、ほざいときました)

4907f016.jpeg


F1 シンガポール GP、本当によかったです。 アクセスは便利。 観戦場所も、広大な敷地内を
自由に移動可能。 また 5m程離れたところには、マシンが疾走。 耳をつんざくエンジン音。
全てがパーフェクトでした。

シンガポール GP、ガムとたばこには制限がありますが、自信を持ってお勧めできる開催地です。


PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]