忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[1] [2] [3] [4] [5
Posted by - 2020.02.22,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.06.03,Tue

 
雨続きの週末で、まともな洗車もできません。  たまに綺麗にしてあげたと思ったら、
直ぐまた雨で
車体は淀んだ状態から、なかなか脱却できない 悶々とした日々を送っていらっしゃる
方も多いのではないでしょうか。
 
この時期もっと困るのは、車内の湿度と匂いですよね。 ジメジメした感触と、ひどくはないものの
なんかカビ臭いような軽い異臭が漂っているような気がします。  私も地下駐車場に車を
停めていることもあり、
余計にお湿りを感じます。
 
そこで利用しているのが、家庭用除湿剤。 何処のメーカーの製品でもそれほど代わり映え
しませんが、
↓ 下のような除湿剤を車の中に 2,3個放り込んでいるだけでそこそこの効果を
得ることが出来ます。 
 

         20080603_Dry_goods.jpg 
 

炭火配合で消臭効果のある製品もあり、おまけに安価。 梅雨時の車内の、優れものグッズ
かも知れ
ません。 ただし運転に注意です。 外出時うっかり取り忘れて運転すると、カーブや
ストップなど
車内で転がる危険性があり、場合によっては吸い取った水が飛び出すことも
あります (経験者)。 
両面テープなどで底を固定するか、その都度取り出すことをお忘れなく。
 

 
さてカー・ケアで汗をかき、お風呂上りに今度はご自身のボディ・ケアなど如何でしょう。

フェラーリのコロン
は以前からありましたが、ポルシェ・デザイン社もついに男性用化粧品
発売を
発表しています。 しかも オードトアレ 3種類、アフター・シェーブ・ローション 2種類、
デオドラント
2種類、それにシャンプーのフル・ラインアップが勢ぞろい。 

ポルシェ・デザインのフラッグ・カラーであるブラック容器となっているため、一瞬 資生堂 UNO
ブランドのような印象が沸くかも知れませんが、そこはご愛嬌として。
その内訳は、

 
   20080602_fragrance_01.jpg


* オードトアレ
   * 80 ml 「プレステージ」 スプレー・ボトル
   * 80 ml 「クラッシック」  スプレー
   * 50 ml 「 ボヤージ」 スプレー
* スキン・ケア
   * 80ml アフター・シェーブ・ローション (ボトル入り)
   * 50 ml アフター・シェーブ・クリーム  (チューブ入り)
* ヘア・ケア、その他
   *  75ml ノン・アルコール デオドラント・スティック
   * 150 ml デオドラント・スプレー
   * 200 ml ヘア & ボディ・シャンプー
 

各ボトルのふたを開け、匂いを試すと モービル 1 の香りということは決してないと思いますが、
主に25歳 ~ 50歳までの年齢層を狙っての商品企画と言います。 発売時期は欧米・北米などが
今年 10月から。 アジアなどのその他地域は、来年早々を予定。 また一番高い 
80ml オードトアレが
90 U.S.ドル (約 9,400円)、一番安いデオドラント・ステックは 20ドルですので、
手の届く範囲の
価格設定ではないでしょうか。
 

まだ発売前なので来週 15日 (日曜日) の父の日には間に合いませんが、来年の同日 おねだり
すれば、
誰かに買ってもらえるかもしれません。  来年の父の日の逆プレゼント リクエスト品目の
ひとつに、是非とっておいて下さいね !

 
PR
Posted by フラン - 2008.05.22,Thu


まったりとした昼下がりの社内。 お昼ご飯も食べたあと、することがほとんどありません。
朝方読み切れなかった日経新聞の残ったところに目を通し、午前中完了した仕事のまとめを整えたら、
あとは緊張感から解放される、一時の脱力が可能となる短い合間。  カイエンが入院中とのこともあり、
本日ポルシェ・ジャパンの Web をぶらぶらと眺めていたら、おっ 新しい企画が始まったようです。

その新メニュー、「 ポルシェ モバイル始動 」。

結構楽しめます。 空メール送信などの諸手続を完了すると、あとはポルシェ全ブランドのフォトを
ダウン・ロードすることが出来、待ち受け画面に使用することが出来ます。
簡単なゲーム・ソフトやニュース配信などを受けることなど、お遊び気分を楽しめることが出来るようです。
私も早速試してみました。

                           20080522_Mobil.jpg     


余った時間が出来たとき、是非覗いて見て頂くことをお勧めいたします。

一人満足が出来る、大人の無邪気なお遊び Web ということで.... !

Posted by フラン - 2008.04.23,Wed
 
ちょっと気になる話題です。
 
 
 4月 16日にアップしました、ポルシェ社が過去わずか 10台のみ製造したパリ・ダカール・
ラリーの
レース参加車、 959 をサポーするために制作されたワゴン車 「 B32 」。 
その中の一台が、やはり売りに出されます。 
 
 
記事を掲載したあと、妙に気になり会社のお昼休みにネットを駆使してみましたです。
そしたらこの中の一台が、オークションに出品されることをついに発見。
 
 
走行距離 12万 9,000km で、希望販売価格 10 5,000 スイス・フラン。 
本日の 1スイス・フランは 102.60円ですので、邦貨換算 1,077万円です。
車両 VIN Code は、WPOZZZB3ZES200003 の 10台生産されたうちの 3番目です
 
製造車両台数 10台という希少価値と、ポルシェ・カレラのエンジンを載せていることを考慮すれば
妥当なお値段かもしれません。 ただ12.5万キロ走った中古車のため、実用に使うには限りが
あるでしょう。 

          a74d81d7.jpeg
 
 
デメリットには目をつぶって、どなたかお買い求めになられませんか。  
今週土曜日 4月 26日に 100台のクラッシック・カーの入札がスイス・チューリッヒで予定されており、
そのリストの中に、 Porsche B32 (Carrera Bus)  として出品される予定です。

 

この中でポルシェ車を追ってみると、なんとB32 が 出品リストの一つになっているではありませんか。
 
 
めちゃめちゃ無理して、買ってみたい気も沸々と沸いてきます。
「 何処に保管しょうかなぁ、 ドライブ中故障しないかなぁ 」 などの不謹慎な気持ちになりそうです。
 
 
世界の中で 10台しかない車の、そのうちの一台を手に入れることが出来る絶好のチャンス。
最高速度 185 km / h で 911カレラに搭載された 3.2L、出力 230馬力、フラット・シックス・
エンジンを搭載したこの 「 ポルシェ B32 」、結構良いかもしれません。
 
ご興味のある方はぜひ覗いてみて下さい。
 
  
さっ週末はチューリッヒへ飛んでみますか。
あっ その前に、私にとって有効期限が切れたパスポートの申請が必須のようです。
 
オークションに、間に合わんがな....。
 
Posted by フラン - 2008.04.17,Thu
 
 
またまた東スポのような見出しですが、もう一つロシアとポルシェ車に関する話題です。
 
ポルシェ社の委託により、現在ボクスターとケイマンを製造しているフィンランドのバルメット社。
2011年まで両モデルの製造延長契約を ポルシェ社と締結したばかりですが、同社はなんと
フィンランドの首都ヘルシンキから約 500km、モスクワから約 650 km に位置するロシア共和国、
サンクト・ペテルスブルグ市 (St. Petersburg) に、工場を建設する計画があるようです。


20080418_Petersburg.JPG

 
経済ニュース・メディアであるブルムバーグ社は昨日、バルメット社はロシア サンクト・
ペテルスブルグ市に、今後 3年間で約 1,000万
ユーロ ( 約 16億 3,000万円 ) の設備投資を行い、
工場を建設。 年間一万台の新車製造を
目指すと、レーニングラード地方のスポークスマンが
語ったと述べています。 ただどのような車を作るのかは未定とのこと。
 
さらにバルメット社は、すでにサンクト・ペテルスブルグ市内 4ヶ所に 工場建設候補用地を決めており、
政府と建設協議に入る前に これら用地の視察に訪れるそうです。 また同市には、既にフォルクス・
ワーゲンの工場もあり、将来の展望も立て易いのかもしれません。

 
かつてバルメット社は、サーブ、ルノー、オペル、クライスラー製の車を委託製造していましたが、
1997年からはポルシェ・ボクスターを主とし、その後ケイマンを製造。 当面この両モデルが
同社の主力生産車となることは間違いないものと思われます。


20080418_Boxster_02.JPG 
 

ロシアは過去 10年間連続で経済成長を遂げており、昨年の自動車輸入総台数は 160万台、
前年比なんと 61 % もの伸びを示しており、その需要に答えることも急務。
この Blog 4月 7日に載せましたように、なんせカイエン・ターボやマイバッハのタクシーが存在する
ロシアでもありますので、仮にボクスターやケイマンの生産を始めるのであれば、飛ぶように売れる
可能性は大きいのではないでしょうか。  
 
ただバナナで釘が打つことが出来たり、バラの花が粉々になるような極寒が長期間にわたって続く
ロシア (どこかエンジン・オイルの CM 見たいな文章になってしまいました) 、 年中ボクスターを
乗り回す勇者が果たして何人存在するか、これは疑問の残るところです。
 
さらに若干気になることとして、今後ロシアのみならず、中国やインドなど、新興諸国の経済成長が
大きく拡大することは間違いのないことでしょう。  豊かになったこれら諸国が一斉に新車予約を
はじめた場合 ( 現にそれが始まっていますが )、世界的な車不足が発生することになるかも
知れませんね。


20080418_Cayman.JPG


ボクスター / ケイマンのアイデンティティを示す VIN Code、 この17 の数字の第 11番目の「 U 」 は
バルメット社の工場が位置するフィンランド・ウーシカウプンキ( Uusikaupunki ) 市 U

表していますが、
遠い将来現在の U が、ロシアを表す R や、ペテルスブルグ市の頭文字となる P

刻印されたボクスター
ケイマンが
日本に輸入されることになるのでしょうか...。 


海の側にある ロシア、サンクト・ペテルスブルグ市、船便輸送には絶好の場所に
位置しているようにも思えます。

Posted by フラン - 2008.04.16,Wed

 
少し昔 1980年代頃でしょうか、下記写真のようなフォルクス・ワーゲンのワゴンをたまに
見かけませんでしたか ?  車名はフォルクス・ワーゲン 「バナゴン ( Vanagon ) 」 と言うそうで、
特に深いグリーンのボディ・カラーが多かったような気がします。
当時外車ブランドのワゴンが珍しかったことや、「なかなかオシャレな車だな」っと思って
いたこともあり、比較的鮮明な記憶として残っています。


         20080416_B32_02.JPG
 

ところでこのフォルクス・ワーゲンのワゴン....うん ? 

フロントに特徴的な「 VW 」 のシンボル・マークが付いていない....、
 
そして目を凝らして見てみると、なんとポルシェのエンブレムが付いています !
(クリック拡大すると、はっきり確認できます ↓ )
 
20080416_B32_01.JPG


実はこのワゴン、ポルシェ社がフォルクス・ワーゲンのバナゴンをチューンし製造した車両で、
車名は 「 Porsche B32 」。 911カレラの3.2 L、出力 230 馬力、水平対抗 6気筒ポルシェ・
エンジンを搭載した、ポルシェ社によって作られたバリバリのワゴン車なのです。

非公式ですが当時 10台 + 1台の 合計 11台が製造されたと噂されており、その一台が
現在 e-Bayのオークションに出展されているとのこと。
 

ちなみに ↓ 下は、フォルクス・ワーゲン社製造の、1984年モデル、バナゴンです。

20080416_Vanagon_02.JPG
 

20080416_Vanagon_01.JPG
 


ご承知のようにポルシェ社は 1984年 953でパリ・ダカール・ラリーに初参戦。 1986年から
959を投入し、見事優勝を飾るという快挙を遂げました。 しかしながら当時ポルシェ社は
レース参加車をサポートする車を持っておらず、出てきたアイデアがフォルクス・ワーゲン社の
バナゴンをベースにサスペンションやブレーキを強化。 レース車に併走可能なように、
911のエンジンに積み替えたこの B32、10台をパリ・ダカールに送ったと言われています。
 
その後 B32はドイツ本国に戻り、ポルシェ博士がその一台を借り受け、子供のために
学校への送迎に使ったそうです。 

ちなみにこの B32 の取扱説明書も存在しており、表紙に ポルシェのロゴもちゃんと入っています。


20080416_B32_03.JPG


20080416_B32_12.JPG


20080416_B32_04.JPG


20080416_B32_05.JPG


20080416_B32_13.JPG



「 えっ、パリダカ用に製造されたのは 10台、ではあとの 一台は ? 」 との疑問が沸きますが、
ポルシェ社はリファインド・バージョンの B32一台を追加製造。 ポルシェ博士の奥様に
プレゼントしたことから、非公式製造数は 11台と言われているようです。
 
 
ポルシェ・エンブレムを付けた B32、ルーフにサーフ・ボードを載せれば、まだまだ絵になる
デザインではないでしょうか。  

実質10台しか製造されていない B32、これも立派なビンテージ・ポルシェでしょうね。

 
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]