忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283
Posted by - 2017.12.12,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.06.03,Tue

 
雨続きの週末で、まともな洗車もできません。  たまに綺麗にしてあげたと思ったら、
直ぐまた雨で
車体は淀んだ状態から、なかなか脱却できない 悶々とした日々を送っていらっしゃる
方も多いのではないでしょうか。
 
この時期もっと困るのは、車内の湿度と匂いですよね。 ジメジメした感触と、ひどくはないものの
なんかカビ臭いような軽い異臭が漂っているような気がします。  私も地下駐車場に車を
停めていることもあり、
余計にお湿りを感じます。
 
そこで利用しているのが、家庭用除湿剤。 何処のメーカーの製品でもそれほど代わり映え
しませんが、
↓ 下のような除湿剤を車の中に 2,3個放り込んでいるだけでそこそこの効果を
得ることが出来ます。 
 

         20080603_Dry_goods.jpg 
 

炭火配合で消臭効果のある製品もあり、おまけに安価。 梅雨時の車内の、優れものグッズ
かも知れ
ません。 ただし運転に注意です。 外出時うっかり取り忘れて運転すると、カーブや
ストップなど
車内で転がる危険性があり、場合によっては吸い取った水が飛び出すことも
あります (経験者)。 
両面テープなどで底を固定するか、その都度取り出すことをお忘れなく。
 

 
さてカー・ケアで汗をかき、お風呂上りに今度はご自身のボディ・ケアなど如何でしょう。

フェラーリのコロン
は以前からありましたが、ポルシェ・デザイン社もついに男性用化粧品
発売を
発表しています。 しかも オードトアレ 3種類、アフター・シェーブ・ローション 2種類、
デオドラント
2種類、それにシャンプーのフル・ラインアップが勢ぞろい。 

ポルシェ・デザインのフラッグ・カラーであるブラック容器となっているため、一瞬 資生堂 UNO
ブランドのような印象が沸くかも知れませんが、そこはご愛嬌として。
その内訳は、

 
   20080602_fragrance_01.jpg


* オードトアレ
   * 80 ml 「プレステージ」 スプレー・ボトル
   * 80 ml 「クラッシック」  スプレー
   * 50 ml 「 ボヤージ」 スプレー
* スキン・ケア
   * 80ml アフター・シェーブ・ローション (ボトル入り)
   * 50 ml アフター・シェーブ・クリーム  (チューブ入り)
* ヘア・ケア、その他
   *  75ml ノン・アルコール デオドラント・スティック
   * 150 ml デオドラント・スプレー
   * 200 ml ヘア & ボディ・シャンプー
 

各ボトルのふたを開け、匂いを試すと モービル 1 の香りということは決してないと思いますが、
主に25歳 ~ 50歳までの年齢層を狙っての商品企画と言います。 発売時期は欧米・北米などが
今年 10月から。 アジアなどのその他地域は、来年早々を予定。 また一番高い 
80ml オードトアレが
90 U.S.ドル (約 9,400円)、一番安いデオドラント・ステックは 20ドルですので、
手の届く範囲の
価格設定ではないでしょうか。
 

まだ発売前なので来週 15日 (日曜日) の父の日には間に合いませんが、来年の同日 おねだり
すれば、
誰かに買ってもらえるかもしれません。  来年の父の日の逆プレゼント リクエスト品目の
ひとつに、是非とっておいて下さいね !

 
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]