忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[318] [317] [316] [315] [314] [311] [312] [313] [310] [309] [308
Posted by - 2020.05.26,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.07.02,Wed


いつまでたっても下げ止まり感が見えないガソリン価格の急上昇が、米国自動車販売の不振に
更なる
拍車がかかり、最悪の様相を示そうとしています。 6月の米国新車販売台数は下記の通り、
極度の売れ行き低迷を示しています。

毎月のごとく大型 SUV やトラックなどは、
もはや打つ手がないほどの売れ行き不振。 
特にその分野を得意とするフォード・モーターは、
F-シリーズトラックの販売がなんと
▲ 41 % 減となり、同社の乗用車を含んだ全新車販売台数は
17万 4,091台と、前年同月比
▲ 28 % 減。 同様にクライスラー社も ▲ 36 % に近い、大きな落ち込みを示しました。 


20080702_Car_Sales.JPG

 

しかしながらこのフォード社やクライスラー社のみならず、日本を含む他自動車メーカーも 
6月の新車販売台数は、
いずれも 2桁減の大不振。 ホンダを除き 大幅な落ち込みを示しています。
各社再度の販売戦略練り直しの対策に、迫られるかのような状況になり始めたようです。
  

6月の販売台数から推測される今年の米国自動車販売台数は、1,320万台となり、前年同月の
1,570万台を 15.9 % 下回る、1993年 3月の湾岸戦争後に起きた米国景気低迷時以来の
低水準となりそうです。  

また市場関係者の間では、原油価格の下げ止まりが見えていないこと。
さらに米国景気後退に伴う不透明感が払拭されておらず、大型 SUV の敬遠や買い控えなどで、
向こう数ヶ月間米国内新車販売は低迷を続けると見る向きも強いようです。
 

6月の米国内総販売台数は下記のとおり。
 
米国内総新車販売台数       118 6,086台  (昨年 6月 145 5,033)  ▲ 18.5 %
国内製造 自動車販売台数   87 4,154台  (昨年 6月 110 8,432)  ▲ 21.1 %
     乗用車販売台数     66 5,451台  (昨年 6月  72 7,146)  ▲  8.5 %
国内製造乗用車販売台数     43 6,611台  (昨年 6月  50 2,537)  ▲ 13.1 %
   輸入乗用車販売台数    22 8,840台  (昨年 6月  22 4,609)  + 1.9 %
    全 トラック販売台数    52 0,635台  (昨年 6月  72 7,887)  ▲ 28.5 %
国内製造トラック販売台数    43 7,543台  (昨年 6月  60 5,895)  ▲ 13.1 %
   輸入トラック販売台数     8 3,092台  (昨年 6月  12 1,992)  ▲ 31.9 %
 
 米国 Big 3            54 4,495台  (昨年 6月  73 0,927)  ▲ 25.5 %
 日   本              47 1,041台  (昨年 6月  54 5,771)  ▲ 13.7 %
 欧   州               9 2,225台  (昨年 6月  10 2,679)  ▲ 10.2 %
 

                                                - to be continued -

                                          
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]