忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[1] [2] [3] [4
Posted by - 2020.05.26,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.09.27,Sat


F1 シンガポール GP、予選第二日目です。 
こちらも時間の制約があり、写真のみを先にアップし、後ほどコメントを付けたいと思います。

ナイト・レースということもあり、ピンボケが多くて申し訳ないです。  
雰囲気だけでも、味わっていただければと思っています。


e14a8ef3.jpeg



とアップしてから 48時間が過ぎました。 おいおい映画の 「 24 」 ちゃうぞ。
本日 29日、無事帰国しました。  本当に、めちゃ楽しむことが出来た 3日間でした。


いまだ耳をつんざくサウンド。 ガソリンの臭い。 そしてわずか 1m そば をぶちかましてくれる
マシンの数々。 家族と汗まみれのシンガポールの夕刻を過ごし、今 自宅に帰り
ホッと一息ついています。


db8ebad9.jpeg



どうしてこんなに色々な場所の撮影シーンがあるのかと、疑問に思っていらっしゃる方も
多いと思います。  

はい 私もド素人、ピンボケ写真アップの観客の一人ですが、F1 シンガポール GP 開催市街地
サーキットでぶらぶらと移動した後に出会った、思いもかけない場所でのご説明をしたいと思います。 


それでは とりあえず、ファインダーで見た F1 マシン 数々のお披露目です。


99beb0a4.jpeg



これでも流し撮り。 焦点が甘いです....


8db48c41.jpeg



c790ffec.jpeg



おいおい 首都高速じゃないんだから、突っつくなよ。  なっ、突っつかないでよ~ !

cfb2d914.jpeg



こすっているよ~、 こすっているって !


9fa701d5.jpeg



お~ぃ、火を吹いているって言ってんのに...、 シャーシ ガリガリだ~っ !


be9b84dd.jpeg



富士では頑張って下さいね !


46567005.jpeg



トンネルを抜けると、そこは雪国でした。 いや、まだトンネルの入り口か..。  (解説者:  川端 康成)


65d3d1d0.jpeg



 ナンバー 「 16 」、ヨメの好きな バト~ン。
人の流れに重なり、ボディの全体像はうまく撮れませんでした。
            
ただ私の直ぐ横で、マサイ族のジャンプ・ダンスのように狂喜乱舞しているヨメを発見。
よく見ると、ヨメの目はイッちゃっています。  帰国後どうすればいいのか...。

それにしてもホンダ・サウンドは、鼓膜破れそう......。


35cb0331.jpeg



ダーク・カラー系統のボディ・カラーは、夜ということもあり焦点が掴みづらく、残像のようになります。

3c6d93d2.jpeg



レッド・カラーの色が言いようもない、まぶしくて闘牛場に映えるようなフェラーリ。
観戦の中、耳栓が一番必要なマシンです。


4b0af920.jpeg



ワォ~ンというサウンドが聞こえた途端、遙か彼方。 やっぱり早いです。 
でも今度は火を吹いていません。


54c16d4e.jpeg



頼む、いくつ写真を撮ってもピンぼけするので、ここだけ 80 km / h 走行でお願い !


258e3db8.jpeg



ゆっくり走ってよ。 お願いってば~ !  もう ぐちゃぐちゃぐちゃの写真ばかり。


ae12de0c.jpeg



ということで明日は決勝戦ですが、翌日早朝の出発便のため、決勝戦の写真は来週にアップ
させていただきます。


と言いながら、帰国したのでコメントを追加です。

最初に書きましたように、下手な写真のアップで あることを陳謝です。
F1 シンガポール GP はナイト・レースでの公道走行となっており、マシン走行をピントぱっちし、
なおかつ綺麗に撮影するのが、めっちゃ難しいです。 
ところがそれを超える、数多くのメリットが F1シンガポール GP には存在していました。


公道レースのインサイド、すなわち全周回コースの内側は、指定観覧席の他に 自由立ち見
観覧場所が数多く儲けられています。 移動自由、観戦自由の場所が至る所に存在していました。
我々家族も予選第一日目と二日目の半日、チケットを買った観覧席で観戦していたのですが、
スロープが なだらか過ぎて 前に座っている背の高い外人様のアタマが目の前に塞がり、
よく見ることが出来ません。 
このため移動を決意。 立ち見自由席へ、転々と散策を試みてみました。


その結果が上記写真の数々です。 幸運にも、いくつかの角度で撮影が出来ました。
観客席からの眺め。 後ろ姿ではありますが、右カーブ直前のバトル。 またポルシェ・カップ・
アジアを撮り納めたような、前面写真。 このようにバラエティに富んだシーンを、数多くメモライズ。

当然ながらコスト・セーブで、パドック観覧席での数々のアクシデント写真を撮ることは
出来なかったのですが、まぁ 良しとしますか !  ( 一人納得です )



F1 シンガポールのメリットを、少しお披露目しておきますね。

1) まず日本の梅雨時の湿った気候のため、ちょっとしたサウナ風呂で観戦しているような
   雰囲気で もう汗だく。 その代わり 3日間通いましたが、トイレに行きたい気分は全くなし。
   体力的な苦痛は、ほとんどありませんでした。

2) シンガポール市街地での開催のため、コース直ぐそばに 2つの地下鉄駅が存在します。
   帰路少し混む場所がありますが、F1開催場所から数駅離れたところにホテルを確保しても、
   確実に一時間以内に帰ることが出来ます。

3) なにより気ままな場所で、レース観戦が可能です。 チケットはセレブな ウン十万円の
   場所から、私が買った場所のように大衆迎合的なところまで、いくつもの選択が出来ます。
   ただ一番安い自由席チケットが、意外にかなりの価値があるかも知れません。

   目先 1m 先に、アロンソが、トラブルに見舞われたライコネンが、ヨメが愛して止まない
   バトンが、そして中嶋 JR が走る カーブ手前のストレース・コース場所で、
   観戦することが出来ました。



 それを明日アップできればと思っています。
 来年も行きたいため、その場所はどこか、本当に申し訳ございませんが 今回はご勘弁下さいね !



最後に一つだけ、F1 シンガポールのデメリットを。 

F1 シンガポールGPは、今後 5年間開催の契約を結んでいます。 ということは、2012年までは
必ず開催されることになります。 

ところが予選~決勝戦までの 3日間、シンガポール市内、特にサーキット場の内側にあるホテル
宿泊代金は、通常シーズンの 3倍以上に跳ね上がってしまいます。 あるホテルに宿泊料金を
問い合わせたところ、一泊一部屋 平均 6ケタ以上の邦貨換算でした。 ただ少し離れた場所ですと、
TDR 宿泊より 安いかも知れません。

また F1開催期間中、マリーナ地区から特定地区までのタクシー料金も 一律 30 Sドルに
なりますが、空港から市街までのタクシー料金とほぼ同じですので、それほど高いと言えないのでは
ないでしょうか。


こんなに色々な場所で観戦、および写真を撮ることが出来る F1シンガポールGP。
パドックの混乱した写真はございませんが、明日は偶然見つけた観戦場所からの写真アップで
終わりたいと思います。


またまたピンぼけ写真の数々ですので、期待しないでお待ち下さいね !


PR
Posted by フラン - 2008.09.27,Sat


9月 27日、F1シンガポール GP 第 2回目の予選前に、各カー・メーカー別・レースが日中行われました。
その模様です。  今回時間が無く、写真アップ ( 一部ピンボケです。 すみません ) のみとなり、帰国後
コメントを追加させていただきます。 了承ください。


シンガポール定番の、オーチャード・ストリート ど真ん中。

d3b252f3.jpeg



市街地サーキットのため、こんな入り口が至るところに。


9a537f73.jpeg



まずは アストンマーチン・アジア・カップ

554376ff.jpeg



奇抜なブルー・カラーなのに、真ん中に柱を入れて写真を撮るなよ。
今から先頭集団を、追いかけるゼ~ !


4747375c.jpeg



あっ、ブレーキのタイミングが遅いかも。 あとは勢い、右旋回。
ノーズは 下がり気味かも知れませぬ。


5d5d80c0.jpeg



俺、俺。 俺っちゅうに !


2e109f12.jpeg



「 おーい、そこ どいてね~、アウトで攻めちゃうよ~ 」。


43cdf927.jpeg



お仕事お疲れ様。 全てのレースが終わるまで、カメラ・マンは下山することはありませんでした。
生理的現象と食事は、一体どうしているのでしょうか....。


789b8717.jpeg



「 ねぇねぇ、今晩ぱーっと、飲みに行かない ? 」
「 すんません、日曜日深夜まで残業なのは ご存じかと... 」

「 あはっ、なんと KYな会話....、やってられねぇ 」


fab0fe08.jpeg




続いてポルシェ・カレラ・カップ・アジア です。


f0ed5cb4.jpeg



シンガポールの市街レース場を駆け抜けていく、真っ赤なポルシェ~ ♪


3dba7d0e.jpeg



追い越し車線でお会いした時には、どうぞよろしく。


a651838f.jpeg


GT-3 様の、お通りだ~ぃ !

2347a182.jpeg



なに、釣りに使う 「 浮き 」 のカラーじゃないよ。   おうおう、ワシも行くぜ~。


167f78bb.jpeg



ヒップ・フェチなので....


ae94251b.jpeg



F1より迫力あり過ぎ。 ポルシェ特有の微笑んだカエル顔が、真剣に獲物を狙うカメレオンの顔に
変身しています。


f8717f66.jpeg



トルコ国旗の深紅のボディ・カラー。 これが再び、真っ赤なポルシェ~、パート II ♪


8c9a260d.jpeg



なっ、バックの ジョニー・ウォーカー・カラーと、ぴったりマッチしているでしょう。
スタイルもそうだけど、心臓も完璧。 速いぜ~。


e3ecf6e8.jpeg



最近普及し始めている 地デジ、画質が綺麗です。
ただアナウンサーなどのお肌が、オーバー・コスメで覆われていることが 容易に判別可能。

私、充分アップに耐えられますよネ !


a2cb8b88.jpeg


「 あのさぁ、オーダー取って なんぼの営業だろ ? 」
「 現環境が悪いことは、すでにご存じだとは思いますが... 」

勤務先の社内のような、会話を二人で しているのでしょうか。


cacffe9d.jpeg



マー・ライオンが一言、「 今日くらい仕事のことは忘れなよ 」。 


1c608321.jpeg


「 ぐちゃぐちゃ会話、ご勘弁です。 水に流してね~ 」 。


                                            - to be continued -

Posted by フラン - 2008.09.26,Fri


出張先で最後の仕事となった金曜日、早朝から雷が轟く大雨です。 出社するのも ままならないほどの
雨量に、気持ちは消沈。 出勤よりも、今日から始まる F1予選のほうが気になります。
会社の窓から見える郊外の景色は、雨にかすんだまま。 ただ現地社員の方が、「午後から雨は止み、
夜は晴れる」 と言ってくれます。  果たしてどうなるのでしょうか...。


20080925_Singapore_Sin_001.JPG



そのアドバイスは当たりました !  見事に晴れ渡った公道サーキット近くにある、ビル群の夜景。 
高いビルがやたらと建っており、正直東京のビジネス街より広大かもしれません。

家族も夕方無事到着。 さ~っ これから観戦席に、どきどきしながら突入です。


20080925_Singapore_Sin_002.JPG



ここから先、文章は必要ないでしょう。 

ただひとつ、ビルとビルとの間をマシンが突っ走るため、その強烈なエンジン・サウンドは 通常の
倍近くに跳ね上がります。 まるでずっと続くトンネル内でマシンの音を聞いているようで、耳栓を
付けていないと本当に鼓膜が破れそう。  

観客席に行く道すがら、歩道の 2メートル横をレース車が通り過ぎるため、すごい音が次々と
追い抜いていきます。
音で脳震とうを起こしたような経験をしたのは、恐らく今回が初めてではないでしょうか。


夜間レースで、ほとんどの写真がピンボケ状態。 あまりうまく撮れていませんが、
こんな雰囲気でした ↓ 。


20080925_Singapore_Sin_004.JPG




20080925_Singapore_Sin_003.JPG



わ~、16番だ !  ホンダのパイロット、ジェンソン・バトンの勇姿。 
「 バトン命 」 のヨメは、すでにトランス状態です。  もう勝手にしてくれ~ぃ。


20080925_Singapore_Sin_006.JPG




20080925_Singapore_Sin_005.JPG




20080925_Singapore_Sin_008.JPG




20080925_Singapore_Sin_007.JPG




20080925_Singapore_Sin_010.JPG




20080925_Singapore_Sin_009.JPG




20080925_Singapore_Sin_011.JPG



レース終了後の、帰り道の風景など。


                b1171fc7.jpeg




20080925_Singapore_Sin_013.JPG




20080925_Singapore_Sin_015.JPG



こんな天空浮かぶ、航空母艦のような観客席も、設けられています。


76e45208.jpeg



地下鉄 シティホール駅 まで行く帰り道です。 
ビルとビルの間を縫うように、公道サーキットが走っています。 観客席までたどり着くまで
人が多くやや時間がかかりますが、すくそばに地下鉄の駅があるためアクセスは楽勝。  
宿泊しているホテルまで 3駅。 コースまでの所要時間はわずか 20分強。 この近くのホテルに
泊まっていたとしたら、 5分とかからないでしょう。
いやマジにコース近くのホテルでは、部屋のベランダから 充分観戦が可能です。


20080925_Singapore_Sin_090.JPG




20080925_Singapore_Sin_091.JPG



こうして終わった、第一日目。 

感想は....、来年もぜひ シンガポールGP に来たいと思った、ホテルまでの帰り道でした。

Posted by フラン - 2008.09.25,Thu

蒸し暑い朝、ちょうど東京の梅雨時のような気候に、ジャケットを着込んだ私は早くもぐったり。

シンガポール店にホテルから徒歩で出社すると、ボスが各部署の担当者に紹介して回ってくれます。
一通りの挨拶が終わり一時的に設けられた自分の席に戻るとその上司が、
「ちょっとオレに付いて来い」と私に告げ、エレベーターに早足で乗り込んで行きます。

一瞬いやな予感がよぎってしまいましたが、「コーヒーでもご馳走してくれるんだ」と勝手に納得し、
後ろに続きました。 ビルの出口を出たところで、「たばこを一本頂戴」とのお声がけ。 

「なんやねん、ビルの外にタバコを吸いに来たのか」 と思い一本差し出し、その場でミニ・ミーティングの
開始です。 頭が完全に目覚めていないため、会話はもう支離滅裂。 
思考能力が停止の状態で話がバラバラに進んで生きます。


ゆっくり一服したのち上司が、 「 さて、行くか ! 」 と言い、また歩き始めました。 行き着いたところは....、
なっ なんとウィリアムスが展示してあります。 そばに二人の担当者がそろっている前で、上司は一言、


「 乗っていいよ。 好きなだけ雰囲気を味わえよ 」 と誘ってくれました。

私は......?? !   

「 中に乗り込めよ 」 という再度のお誘いに、もう目が点。
こんなチャンスは二度と無いと思い、お言葉に甘え恐る恐る試し乗りです。
2人の係官は微笑みながら見ているだけ。 「おいおい、良いのかよぅ」と、私は独り言....。


20080925_F1_Sing_001.JPG


ついに乗っちゃいました !!

コックピット内は、ものすごくタイト。 あと数キロの減量が必要と感じます。 もちろん展示車、
かつステアリングも取り付けてありませんが、F1見る前に臨時 F1 パイロットになってしまいました。
「ウィリアムスの補欠ドライバーになったことを、近日中に 中嶋 一貴選手に伝えなきゃ」 と思いつつ、
恐れ多い自分のポジションに、もう恍惚状態。


               66a1802f.jpeg



内部のシートなどは全てカーボン仕上げでした。 アイ・ポイントは ↓ こんな感じ。 
ボクスターの座席位置を、もう 2,3段低くしたような視界が、そこに生まれていました。

前を通る現地の女性が私を見て笑っていましたが、もう羞恥心ゼロ。 この感激、一生忘れないでしょう。
感謝 100倍の夢のようなひと時を、経験させていただきました。
あ~っ、知らないうちに ガキの頃の自分に、完璧に舞い戻ってしまいました。


20080925_F1_Sing_003.JPG


あとで教えてもらったのですが 私のシンガポールの上司、ウィリアムスの某スポンサー企業に
お友達がいるとのことで、あらかじめシートに座る許可を取っておいてくれたとのこと。 
午前中の早い時間であれば OK との返事をもらい、私がこのマシーンに座ることが出来たそうです。
( ええ上役や~ )

現在こんな風に、サーキット近くの某ホテルそばのショッピング・モールに展示されています。


20080925_F1_Sing_004.JPG



さて F1 シンガポールのコースは市街地ということなのですが、レース場もちゃんとあります。
今年完成した東洋一の観覧車のそば左下方向にサーキット場があり、ここからスタート および
フィニッシュを迎えます。

シンガポール店の窓から撮った サーキット周辺の光景ですが、よく見渡すことが出来ます。
会社から観戦するのでしたら、チケット買なくても良かったのに...。


20080925_F1_Sing_005.JPG


下記赤いサークルが、サーキット。 青いサークルが市街地コースになり、延々その道は続き
再びサーキットに帰ってくることになるナイト・レース。 コース全長は約 5,000メートルで、
時計方向と反対に 61周する予定とのこと。( ↓ 写真をクリックすると、判別しやすいと思います )
また当日の夜は雨のようで、私よりも各チームにアクシデントが出ないか ちょっと心配です。


20080925_F1_Sing_006.JPG



あっ、下のホワイトのサークルは無視してくださいね。 サーキットから遥かに遠く、一番安価な
チケット代の市街地仮設スタジオです。 なぜか私が座っていたりして....(笑)

20080925_F1_Sing_009.JPG



F1シンガポールも気になるところですが、シンガポールそのものも良いシティです。 物価もそれほど
高くなく、綺麗な数々の場所と清潔感のあるホテル、および安価なレストランがたくさんあります。
(セブン・イレブンもそこらじゅうにあり、吉ギュウもあります。 昨日テイク・アウトした、日本人の
「 おぢ 」 がいたようですが...)


ふらっと遊びと買い物に行くには、かなり条件の揃った街だと思います。 
お勧め度は ★★★★ でしょうか。


20080925_F1_Sing_009.5.JPG



さっ、明日は家族を迎えに再び空港へ行く予定。 F-1 シンガポール、いよいよ予選がスタートです。

Posted by フラン - 2008.09.24,Wed

ホテル到着。 ここは過去家族で何度も利用したところで、見慣れた光景。
ただ F-1 開催の市外サーキットのど真ん中に位置するため、今週金曜日から宿泊料が
一泊 6ケタ台に跳ね上がります。
会社で予約を入れてもらったものの、二日間だけのステイ。 
予選開催の金曜日から、少し離れたホテルに移動しなければなりません。 
(ここにずっと泊まりたい...)   残念~。 


20080924_Singapore_Sin_001.JPG


ホテル内には こんな車や、

20080924_Singapore_Sin_003.JPG


20080924_Singapore_Sin_003.3.JPG


ホテルの玄関には こんな車も飾ってあり、気分はすでに F-1開催。

20080924_Singapore_Sin_002.JPG


20080924_Singapore_Sin_003.2.JPG


そして直ぐそばが、市街地サーキット。 ただスクリーンで囲ってあるため、チケットを持っていない場合
マシーンの走行を見るのは困難かもしれません。

20080924_Singapore_Sin_004.JPG


あさってから予選開催にもかかわらず、コース道路はまだ工事中。 
許可を頂き、コースに入り撮ってみました。  頭の中に甲高いサウンドが、聞こえてくるようです。 
もうワクワク。

20080924_Singapore_Sin_005.JPG


おっ 白バイのお兄さんが、レース予定周回の逆方向から走ってきます。 
白バイの上に見えている 「200」 のサインは、先にある左カーブまでの距離を示しています。
(今日は車に乗っていないので、目線を合わせてしまいました~。 継続、ゴールド免許)

20080924_Singapore_Sin_006.JPG



宿泊しているホテルの玄関先でぱちぱち写真を撮っていると、フェラーリのメカニックのお兄さんたちと
ばったり遭遇。 明日からハードな日々が続くということで、今日が唯一の休憩日とか。
写真撮影とブログ・アップの許可を頂き、しばしの会談。 

「らりるれろ」 のイントネーションが強い、イタリア訛りの英語が耳に心地よく入ってきます。
(という私の発音は、日本語ドメドメ、かつ関西訛りの英会話。 失礼しました)
ヨメはライコネン・ファンなのですが、この出会いで私はすでに 今回だけフェラーリ・ファンに方向転換。

お二人といろいろな会話の途中、ポルシェに乗っているというと、「ぜひフェラーリを買え」 と薦めてきます。
「 F-430 に乗っているお友達がおり、もう見ているだけで充分 」 と答えると、「まもなく日本に行くので、
そのお友達と富士サーキットにおいでよ」 と言ってきます。 (173さん、おいでよ ですって....)

一時的にせよ、フェラーリ・チームと同じホテルに宿泊です。 マッサとライコネンは、今何処に....。

            20080924_Singapore_Sin_013.JPG


ホテル内のカフェはすでに F-1 シンガポールの開催真っ盛り。

20080924_Singapore_Sin_007.JPG


20080924_Singapore_Sin_016.JPG



今回コストを抑えたこともあり、この市街地仮設観客席が観戦場所になります。
少々値段が張っても、やはりサーキット内の席をとっておけばよかったのかも....。

20080924_Singapore_Sin_009.JPG


20080924_Singapore_Sin_010.JPG


マリーナのショッピング・モールには、ザウバーが展示してありました。

20080924_Singapore_Sin_012.JPG


20080924_Singapore_Sin_011.JPG


一通りぶらぶらし、ホテルに帰還。 今夜はひそかに独りで前夜祭。 ど~んと奮発したディナーで
お祝いです。 えっ何を食べるのかですって ?   では少しだけお見せいたしますね。
超高級日本料理、料亭 「吉野家」からの持ち帰りディナー、邦貨換算約 380円也。
汁だく仕様です...

20080924_Singapore_Sin_015.JPG


さて明日から 2日間 仕事を早く済ませ、遊びにどっぷりと浸かりたいと思います。

20080924_Singapore_Sin_008.JPG


家族の現地到着は 2日後ながらも、エキサイティングなシンガポールが、いよいよ始まります !


Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]