忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[119] [120] [121] [129] [125] [127] [126] [128] [130] [131] [133
Posted by - 2019.10.16,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2006.12.20,Wed

- 上ページからの続き -


もう一つ面白い話がある。

今回のトーラス生産終了の最終決定をしたのは今年ボーイング社から移籍し、フォード社の
最高責任者に就任したムラリー氏であるが、同氏とトーラスとの間に過去奇妙な縁があった。

1990
年代ボーイング社はジャンボ・ジェットである B-747 の後継大型機として B-777
の製造を計画した。 このコンセプトをまとめる良い方策が見いだせず、当時ボーイングに
在籍していたムラーリ氏はなんとフォード社のチーム・トーラスのディスカッション・アイデア
などを借り受け、ユーザーとカスタマー・ニーズにあったB-777 の製造へと進めていった。
さらにこのアイデアをもう一段進化させ、現在は新機種でドリーム・ライナーのニックネーム
を持つ B-787 を開発中とのこと。

   10013326042.jpg


90
年台当初 全く違った市場ではあったが、フォード社はトーラスで、ボーイング社は B-777
その開発にしのぎを削り、一方で密接な協力関係が出来上がっていた
時代のようだ。

ボーイング社で働いていたムラーリ氏が何故にフォード社の最高責任者に就任したか、
このチーム・トーラスのアイデア借り入れも大きな要素になっていたのではないか。

   10013326069.jpg


さて今年
10月最後に生産されたトーラスは、アトランタに本社を持つレストラン・オーナー
が購入希望を申し入れたという。 このオーナーは 1946年に最初のお店をジョージア州に開き、
その後アトランタへと進出。 フォード従業員を中心に数え切れないチキン・サンド・
ウイッチを販売。 レストランの規模を拡大して行ったことが縁となり、フォード社も最後の
トーラスの販売を快諾したとニュースは伝えている。



さらにすごい話。
 ( 最終日に大幸運 / デトロイト・フリー・プレスより

フォード・アトランタ工場のトーラス操業が停止された
10 27日、その従業員の一人である
ジェローム・マクルニス (Jerome McInnis) 52歳。  

その朝ガソリン・スタンドで給油のついでにスクラッチ宝くじを
5ドル出して購入。 
こすってみると....なっ、なんと225,000ドル ( 2,600万円) の大当たり !!!
あまりの興奮に、給油を忘れて立ち去ったそうな。 
ツキのない日に、めっちゃツイてましたなぁ~。

日本でもたまに道ですれ違うトーラス、その車の大半が手入れ良く乗っていらっしゃる
ような気がするのは私だけでしょうか。
今度トーラスを見かけたら、ボーイングのジェット機と宝くじでも思い出して下さいませ。

 
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]