忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24
Posted by - 2017.09.22,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.02.14,Thu


 毎月会社に送られてくるニュース・メディアの一つである Bloomberg社 の今月号の雑誌を読んでいました。  
 「 カナダ・アルバータ州のタール・サンドから採掘することが出来る原油が、これからの世界の石油需要を
 賄う 」 などの記事にフムフム。  
 なるほど、一昨日 「 チャベス・ベネズエラ大統領が、米国への原油輸出を停止したニュースが流れても、
 原油価格がほとんど無反応なのは、こういう代替エネルギーが豊富に あるためか 」 、などと思いながら
 パラパラとページをめくっていくと、次にある記事 ( 広告記事 ) に目が点。
 まず飛び込んできたのは、Porsche という単語でした。 
 ( このような固有名詞に身体が直ぐに反応するのは、もはや病気の世界かも知れません )


 その記事とは、「おっさんに この価値が判ります ? 」 と、問いかけてくるような言葉を失うもの。
 これです !

10048694536.jpg

 渋い光を放った立方体。 実はこれ、ポルシェ・デザイン・センターが作り上げたワイン・セラーだったのです。
 ところが続く記事を読んでいくと、もうついて行けません。 写真のワイン・セラー、高さ約 2m、12の個別
 ドアを持ち、貯蔵庫の温度は 12度にキープ。 なおかつ個別保存カ所には、それぞれライトが備えてあり、
 自分好きな時に気に入ったボトルを取り出せるという優れもの。
 磨き上げられたワイン・セラーは、ポルシェがデザインし、ハンド・メイドで丹念に作られたステンレス製とのこと。
10048694662.jpg  




  ただここからがもっと凄い 。
  シャンペンのディストリビューターで有名な ヴェルヴェ・クリコット社が、 4世代のソムリエにより
  選りすぐった、例えばルイ・ビトン社傘下のシャンパン、モェット・シャンドンなど、とびきり上等の超高級
  シャンパン 12本のマグナムをセットにして販売するというもの。
  主に米国の富裕顧客向けということですが、わずか 15組のみの販売。

  そのお値段はなんと 7万米ドル。 欧州での価格は 5万ユーロ。 バブル期のような価格です。
  本日 1ユーロ = 158 円 15銭。  158.15 円 X 5万ユーロ = 小売価格は約 790万円 !
  通の方から言わせると、ワイン・セラーに納められている 12本のシャンペンだけで、販売価格の半分
  以上の価値があるいうことですが、私の感覚からすると、キャッチ・アップはもはや不可能。

  世界限定 15組の発売ですが、何方がお買いになるのでしょう。
  全体の概要は こちら で見ることが出来ます。


  標準小売価格 790万円のワイン・セラー、日本での ボクスター S の販売価格を軽く上回ります。
  小売価格 1,000円台のスパークリング・ワインと、これらビンテージ・シャンペンを飲み比べたとしても、
  その違いの判別は難しいかも知れません。 ワタシの味覚は少しはあるとしても、焼酎 「吉四六」 か、
  日本酒 「久保田 」 の味が判るくらいで、それ以上は無理でしょうね (笑)

  仮にこのワイン・セラーとボクスター S の新車のどちらかを差し上げると問われた場合、20,000 % の
  確率で間違いなくクルマを選びます !

  わしゃ、眼鏡をかけなくなった大阪府知事か.....?


PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]