忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[231] [232] [233] [234] [235] [236] [238] [237
Posted by - 2020.05.26,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2005.01.05,Wed

10008332245.jpg

























さて、ともすれば男性が作っている一般社会。今米国では女性の自立心が毎年
向上しており、
男離れが着々と進んでいるようです。 「女性とテクノロジー」という米国雑誌がシリーズ化してその
積極的な米国女性の社会
との関わりを表現しています。その中の第 30題に女性とSUVs」という
特集を組んで
いましたのでご紹介。


最近米国で車購入に走る女性が増えています。 1984年米国内で車購入に走った
女性は全体の
わずか 20パーセントでした。 それが 1990年には28パーセントに達し、
現在では車購入の意志
決定に関与する女性の割合は 80パーセントにまで上昇。 
さらに車購入に関しては全体の
50パーセントが「新車」購入を好むようですが、その購入価格は平均 2万ドル (約 210万円)とのこと。
また新車購入を決定した女性のなんと 97パーセントが自分で運転するため買い
込んだそうです。

車購入に走る女性の平均年齢は 41歳。うち78パーセントは高学歴を経て、平均年収は6万 3,000ドル 
(約 665万円)。 特に最近米国女性はSUVを好む傾向にあり、そのうち結婚し子供を持っている
主婦の
半分以上はSUV市場に大きな関心を持っているとの調査結果を発表しています。
この傾向は年々高まり、1992年には 150万台の所有が 1999年には倍の280万台と
なり、2003年には
実に米国全体(男女の購入を含み)で 1600万台のSUV車が販売される
という、自動車会社にとっても
最大の顧客層を形成することになっています。 ではなぜ
女性は SUV車を好むようになったのか、
この要因をちょっと覗いてみたいと思います。


*なぜ女性は普通乗用車でなく、 SUVを選ぶのか。

まず大半の女性は男性と比べ車そのものの性能や細部に関心が無く、どのように
便利に使うことが
出来るのかをまずチェック。そのため各自動車メーカーはこのマーケッ
ティングに常に苦労を伴うことを
強いられました。

結果出てきた答えが、相対的に車のスタイル、安全性と快適ドライブ、運転時個々の
表現、自分の
必要性に適したものかどうか、実用性、将来の使い勝手、そしてその車が
適した価格であるか
どうかという、性能よりも自分の性格にあったものであることに第一
優先権を示し、男性以上に外見を
気にするとしています。そのため男性以上に余計な
支出をしているようですが、これは女性の年収が
徐々に向上してきていることもその
理由の一つだそうです。

上記のことを総合して、女性はまず安全性を最初に選択。次に高いアイ・ポイントで
より運転時の
快適性を求め、結果自動車よりも、あるいは小さな車よりも SUVにその
優位性がありと判断。
比較を重ねた結果メリットを SUVに求め、普通乗用車よりも設定
価格が若干高いことは、「安全性の
代償の対価」と納得するとのこと。 さらに普通乗用車より座席が高いことで自分を表現。室内と
天井が高いことで快適性も
一緒に得ることが出来、仕事、アウトドア、将来の使い勝手など、すべてに
満足感を
得たいという欲求にマッチさせたいと願うとのこと。

自動車メーカーもこの女性の要求に応えようと必死をコキ、前日の女性エンジニアの
工夫箇所改良の
話題のように、買い物好きの女性ドライバーに対し最大のサービスを
演出。 折り畳み 第 3席や後部
ドアの閉口フックなどの取り付けでその思考に答えて
いるといいます。

さらに別の分析では、 SUVの運転時は女王様気分が満喫できるといい、見下ろし
あるいは見下し
できる座席配置が、女性の最も必要としている感覚を刺激し、購入
動機の一つとなるといいます。

ただ安全性を一番の理由とする女性にとって、エスカージョン、タホ、ハマーなどの
大型 SUVは
運転しづらいと考え、逆に小型 SUVは横転につながるとし、その選択は
エクスプローラー、チェロキー、
トレイル・ブレーザーなどの中型 SUVとなる傾向に
あるようです。

最近は著名女性雑誌に広告を貼る自動車メーカーが増えてきており、米国内で
権威のある女性向け
「スポーツ・イラストレーティッド」誌にはスバルがスポンサーと
なっており、ジープやシボレー・トレイル・
ブレーザー、さらにエクスプローラーも
「No Boundaries」のロゴを掲げ、常連広告主の一つになって
います。

一方 TV CM でも、SUVの CMでは必ずと言っていいほどそばに女性が張り付き、
以前のように
男性用一辺倒という映写がすっかり影を潜めてしまったとのこと。 
男性アナウンサーが低い声で、
「これで淑女(あなた)も何でもすることが出来
ますよ」と囁くといいます。

最後に例外点を少しだけ。 中型 SUVの中でも トヨタ・レクサス RX 300 (ランクル
100)は別扱い。
価格が高くあれは男性用の車と認識されることが多いそうです。 
さらに女性にとっての SUVは
生活するために使用するという色合いが強く、山登りに
使う女性は滅多にいないことも判明。

もうひとつ、自ら車購入に走る女性ドライバーは、ミニバンよりもSUVを選択する
割合が高いそうで
その理由として、キャリア・ウーマン・独身女性の比率が高く、
「ファミリー臭い車になんか乗って
いられない」というのが本音のよう。


独り言:
たまに路上なんかですれ違う女性ドライバーの SUV。 なんか生き生きとした表情を
している人が
多いですよね。 男勝りという気持ちよりも、「やるじゃん」と声をかけたく
なってしまいます。 

一方上記写真のように、ホースを引っ張りながら走るような女性ドライバーも、
たまには....
いませんよね !

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]