忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88
Posted by - 2017.12.12,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2007.10.21,Sun


さて、ヤンマー ? ヰセキ ? それとも クボタ・ブランドのトラクター ?


先週ある市場調査のために会社でネット検索をしていた時、たまたま発見したのが下記写真。
なんとポルシェ・ブランドのトラクターで目が点。

これぞまさに ポルシェ・田ンーボ !

10034493926.jpg



ただ作っていたのは 1934年の試作車が出来上がり、本格生産は 1956年からとなったようですが、
1964年初期まで。 この間 12万 5,000台を生産し、その役目を終えたとのこと。
当初はガソリン・エンジン搭載であったのが 1953年から 2気筒ジーゼル・エンジンとなり、ドイツ国内と
平行し、北米輸出販売の台数が増大。 1958年の最盛期には 2万台以上の生産記録するも、米国内の
価格競争激化と販売不振の波が同時に押し寄せ、生産中止となったようです。
(注: 途中からその生産はポルシェ社からマンネスマン社に委託されるもポルシェ・ブランドはそのまま維持。
また全車両の車体カラーも、全てレッドで統一)


そういえば現在日本に入ってくるボクスターは、全てフィンランドのヴァルメット社で組み立てられて
いるのでしたね。 先週 16日にはポルシェ社とヴァルメット社との間で、ボクスターの生産委託を
2011年まで延長する契約が取り交わされたようですがこのヴァルメット社は元はと言えばトラクターの
製造会社。 未だその面影を引き継いでるような気がします。


環境問題でジーゼル・エンジンが再度注目され始めた自動車業界、ボクスターの次期搭載エンジンは
ジーゼルかも....背中の後ろにジーゼル・エンジン ? !  あり得ないことですネ。


あくまでもフィクション : 大黒 SA で愛車自慢が集まった とある会話

A ドライバー: 俺のホィール 18インチ。
B ドライバー: 俺のは 20インチだよん !
C ドライバー: 俺様のは 65 インチ~、しかもカラー・ホィールだ。 どうだ 参ったか !

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]