忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[1] [2] [3] [4
Posted by - 2020.05.26,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.01.22,Tue


 

 年明け早々ポルシェ社より、2009年に 2010年モデルとして生産が公式に発表になった 
 「 パナメーラ (Panamera) 」、昨日ドイツ Autobild 誌のウェッブが、追加情報を発表しています。
 ( ただポルシェ社の公式発表ではないため、ある程度の推測記事とは思いますが。 )
.
 パナメーラの車体は大型車のカテゴリーに入り、おおよその大きさは 全長 5m、全幅 2m となり、
 ベーシック・モデルの車重は約 1.8 トン。 最上級の 4.8L V8 ターボ モデルは約 2.0 トンになる
 という、かなりヘビー・ウェイトのセダンとなりそうです。

10045273523.jpg


パナメーラのモデルは、
 1)  3.6L V6             300馬力
 2)  4.8L V8             405馬力
 3)  4.8L V8 ターボ・モデル    520馬力

  
      の 3種類のグレードが予定されており、ベース・モデル 3.6L V6 の最高速度は
250 km / h、 ターボ・モデルは 300 km / h に達するとのこと。
.
当初は内燃エンジンのみを搭載したパナメーラのみの発売でスタートし、その後 3.6L V6 エンジンと
 110馬力の電気モーターを併用したパナメーラ・ハイブリッドを投入する予定。
( このあたりの販売方法は、発売当初のカイエンと同じですね )
さらにパナメーラには 7速、デュアル・クラッチが搭載される予定。
 
10045273818.jpg


 気になる販売価格ですが、V6 RWD モデルが 8万ユーロ (本日 1ユーロ = 152.70円
( EUR 80,000 X 152.70円 = 1,221万円 )。
最上級の AWDターボ・モデルは 12万 5,000 ユーロ (同 1,908万円 ) 程度になる予定。
日本に輸入された場合、ターボ・モデルの販売価格は 軽く 2,000万円を超えると考えられます。
.
ポルシェ社はパナメーラの生産に約 1,000人のプロダクション要員を配置すると共に、年間 3万台の
 完成車の生産を計画しているとし、その生産はまず V8モデルのみで開始。 
販売は 2009年
 初期から始める予定。 また V6モデルの投入は 2010年から、ハイブリッド・
モデルの発売は 2011年に実
 現するとのこと。

10045273656.jpg


 パナメーラに搭載されるエンジンは、カスタマー・ニーズが強いのであれば、将来フォルクス・
ワーゲンやアウディの V8, V10 および V12 TDI をチューン・アップしたものも視野に入れて
 いる様子。 さらに驚くべきことに上記 3種類のエンジンを搭載したモデルがすべて発売され、
良い感触が得られるのであれば、その 2,3年後にカレラ GT に用いられた V10 エンジンを
載せたパナメーラ発売の可能性もあるようです。
.
ただ一点、ポルシェ社らしいマイナー点が関係者の間で現在指摘されているようで、インテリアが
ややシンプル、別の言葉で言うとやや貧相との初期報告が上がっていると言います。
しかしながらシートの居住性は十分にあり、長身の男性が 4名乗車しても、パナメーラの快適さは
申し分ないそうです。
唯一の欠点は、その発売に時間がかかり過ぎており、すべてのライン・アップ・モデルを登場させる
予定日が、何故にもう少し短縮できないか理解に苦しむとしています。

10045273989.jpg


 ポルシェ 997 Turbo をターゲットに、ニッサン GT-R が大きな進化を遂げたことは まだ
記憶に
 新しいものがあります。 今度はパナメーラを基に、CIMA や FUGA が同じように
大幅進化を
 遂げるのでしょうか。
.
また日本交通が送迎用ハイヤーとしてカイエンを導入 したように、将来事業展開の
 一手段として、パナメーラを導入するかもしれませんね。
 これから興味の尽きない、色々なことがありそうな予感。 刺激が多くなりそうです。

PR
Posted by フラン - 2008.01.11,Fri

 

 今年 1月 7日 ポルシェ社から公式発表があり、既に多くのウェッブに記事として取り上げられて
 いるとおり、ポルシェ初の 4ドア・セダンである 「 パナメーラ ( Panamera )  が 2009年に 
 2010年モデルとして発売となることが決定されています。

10043801680.jpg


 当初は通常エンジンのパラメーラのみの発売となりますが、時を見て電気モーターと内燃エンジンを
 併用した、 パナメーラ・ハイブリッド ( Panamera Hybrid )  も、その後投入される予定と
 なって
います。 現時点に於いて バナメーラ・ハイブリッドの登場時期は 2013年までとのこと。
 同時にカイエンにも同じ駆動システムを搭載。 カイエン・ハイブリッドとして登場することになります。

10043801747.jpg

 
 これでポルシェ社は ボクスター / ケイマン、911シリーズ、カイエンシリーズ、そしてパナメーラと
 4つのカテゴリーを生産するカー・メーカーとなり、安定した収益確保が期待できることになると
 思われます。
.
 同時に 2012年から欧州域内で規制される 二酸化炭素排出の35 % 削減 (1995年比) さらに
 米国の
2020年までに新車平均燃費を、 1リットル当たり現行法の 11.5 km から 15 km と、

 40 % 高める法案クリアに、ハイブリッド車の完成で達成しようとしたものです。
 .

 今回ポルシェ社のハイブリッド・システムは特徴があり、
① 内燃エンジンだけの走行
② 電気モーターのみの走行
③ エンジンと電気モーターを併用した走行

   の、3つの違った走行システムを選択することが出来、電気モーターの駆動を担うバッテリーは
 ニッケル・メタル・ハイドロイド・バッテリーを採用する予定ですが、将来別タイプの変更も視野に
 入れているとのこと。
.
 またパナメーラ・ハイブリッドに搭載されるエンジンは 3.6L V-8、電気モーターは 38キロ・ワットと
 なる予定。 この2つの動力によりパナメーラ・ハイブリッドは、ガソリン・エンジン単体の
 パナメーラより燃費が 30 % 向上するといわれています。
10043801786.jpg


 「 カイエン・ハイブリッド 」 も 3.6L V-8 および 38kw の同一システムを搭載し、290馬力を確保。
 2010年までに販売に漕ぎつく計画です。 さらに同システムをフォルクスワーゲン社の姉妹車である 
 「 トアレグ 」
 にも供給する予定で、こちらは早ければ来年から市販する計画と述べています。

10043801821.jpg


 さらに既に 2万件のパラメーターをシステムに組み込んでおり、パワーと効率をエンジン、電気
モーター
 およびトランスミッションを、車に搭載されたハイブリッド・マネージャーで制御すると
しています。
 このカイエン・ハイブリッドの燃費性能は、100km / 9.0 L を既に開発車両で達成しているとのこと。

10043801855.jpg


 ポルシェ社広報担当 ( Mr. Wall ) は記者団からの、「ボクスター、ケイマンや 911 にも
同ハイブリッド・
 システムの搭載は可能か ? 」 との質問に対し、「 Yes, その時期は未定であるが、
社内のテクノロジーは
 直ぐにでも用意できる 」 と述べ、将来の方向性に良い含みを残した返答を
返しています。


 ワタシの個人的な感想を述べさせていただけるのなら、どちらかといえば「静かなポルシェ」より、
坂道を駆け上がる時のうなり声のような ばほ~ん、ばほ~ん “ というエンジン音の、
「やかましいポルシェ」 の方が好みです。

Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]