忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[359] [358] [357] [355] [356] [354] [353] [352] [351] [350] [349
Posted by - 2018.12.16,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.08.19,Tue

 
さて 8 17 (日曜日)、どんよりと曇り 今にも泣き出しそうな空模様でしたが、またまたお出かけ。
土曜日は西に行ったこともあり、今日は東にするかということで、房総半島一周を計画。 
ただ途中から
本格的な雨となり、結局断念。 千葉県九十九里有料道で引き返し、午後は都内を
ぶらぶらする
中途半端な一日となりました。
 
[ お勧め ! 海沿いの何処までも続く直線道、千葉県九十九里有料道  お勧め度: ★★★★ ]
 
 
今年 4 20 (日曜日) ツーリングにお誘いし、私も含めご参加頂いた計 7台の皆様、
ルート計算が長距離かつ雨の天気でここまで辿ることが出来ず、申し訳ございませんでした。
偶然かも知れませんが、九十九里有料道に行こうと決めた時、必ず雨になるのはなにか運命に
左右されるものがあるのでしょうか。 今回も、また雨の一日となってしまいました。


 
自宅  首都高速  東関東高速道   宮野木JCT  千葉東金道路  東金 IC 下車
 国道 126号線をしばらく走行  台方三差路を超えると左手に九十九里有料道入り口
 料金所、通過後直ぐの沢交差点を右折  九十九里有料道  一宮休憩所折り返し
 復路は一般道で成田 ICへ  時間があったため、お台場  TDR外周路  自宅


430b2d10.jpeg

 
 
土曜日と違い日曜日は遅めの起床。 カーテンを開けてみると、灰色の曇り空。 
こりゃオープンには
絶好の天気だということで熟睡している嫁をたたき起こし、地図を見ながら
行き先の確認。 ほんじゃまあ
房総半島を一周しようかということで、家を出たのが午前 7時前。
新聞は既に来ていましたです。 
外気温はなんと 24度。 一時的にせよ涼しい週末がやって参りました。
 
 
東関東高速は海水浴などのマイカーでやや混んでいましたが、流れは順調。 京葉道路に接続する
宮野木 JCT もすんなりと通過。 東金道路の車の数も、拍子抜けするくらいにまばらでした。
千葉東金道路東金IC で下車、国道 126号線をしばらく走ると左手から道路を横切る、
立体交差した
道が、低いスキーのジャンプ台のように伸びています。 
ここから九十九里有料道が始まります。


20080817_Z99_02.jpg


20080817_Z99_00.jpg


 
料金所を過ぎて直ぐにT路地を右折をすると、海岸沿いと平行し何処までも真っ直ぐな道路が
続きます。 
隆起もほとんどなく、なおかつほぼ直線。 


330059fc.jpeg


はるか先まで見渡せる光景は、どこか日本の景色では
ないような錯覚に陥りますが、やはり
マンションや民家が右手に次々と現れるため、少し残念な思いも
よぎります。 
舗装も良く、海を見ながらのんびり走るには持ってこいの道路でしょう。


20080817_Z99_03.jpg


20080817_Z99_01.jpg


ほぼ有料道路の終了近くにある一宮休憩所で休んでいたら、空から
ぽつぽつと雨が落ち始めました。
雨天の中のドライブをほとんど試したことがなく (車体のフレーム内まで汚れてしまう気がして、単に
雨の日のドライブを控えているだけのことですが...)、この先房総半島一周の気力が急速に減退。
結局引き返すことにしました。
 
 
帰路は一般道を通って成田まで行き、東関東高速から帰還。 その区間は本降りの雨。 
今頃気が付いたことの一つとして、雨の日のカブリオレは風情があって結構良いものです。
 
雨粒がポツポツと布製の屋根をたたく雨音を聞き、少し滲んだフロントガラスをぼんやり眺めながら
ドライブするのは、まるで遊園地で
別の遊戯具に乗っているような錯覚に陥ります。
レトロな気分を味わいつつ走っていると、いつの間にかジェット機の離着陸が突然目に入る成田に
近づいています。 うーん、BGM はテレサ・テンの「空港」が良いのかしらん。 また古い名前が...。


2008081_Z99_05.jpg

 
 
雨は時間が経つにつれ小降りへと向かったため、酒々井SAでオープン走行にトライしてみました。
果たしてどれくらい濡れるのでしょう。 PAを出た時、低速度のため車内は雨粒跡がかなり
付きましたが、合流後 走行車の流れ乗れば なんと全く濡れません。 


20080817_Z99_07.jpg


ワイパーで拭われた水滴がフロントガラスから
サイドガラスへと伝わり、この雨水が少し入ってきます。 
それ以上に風圧でガラス上の水滴が、
きらきら輝き流れていく光景は幻想的な世界を作ってくれます。


20080817_Z99_06.jpg
 

ただし他の走行車から見れば、
なんというウマシカ・ドライバーだと思われているのでしょうね。
「小雨とはいえ雨の中をオープンで走るとは、世界のナベアツを超えたへんなヤツを見てしまった」と、
きっと目撃された方の夕食の食卓で、話題に上がっていたのではないかと思います。 

 
 
当日もまだまだ時間が余り、お台場へ直行。  以前カイエンを写したビーナス・ポートで
フジ・テレビを
バックに一枚パチリ。


47f16eb5.jpeg


 
続いて TDR の外周路まで出向き、ヨメを説得して今度は走行写真をもう一枚。


20080817_Odaiba_03.1.jpg


              20080817_Odaiba_04.jpg



「 走り過ぎのこのおっさんには、もうついて行けません。  散歩はきっちりこなしてくれ、いつも
一緒に連れて行ってくれるのですが、雨の日幌上げて走るとは。 恥かしいです 」と、
ワンコが言っているようで...。 スマン !


              20080817_Odaiba_05.jpg
 
 

やはり早起きは使いきれないほどの時間があり、一日フルに行動できます。
ただ 2日連続の遊びまくりは、軽い疲れを誘発したのでしょう。 自宅へ戻り缶ビールを
半分ほど飲んだ途端、深い眠りへと誘ってくれました。 昼寝というより夕寝です。
 
 
今週末は、何処へ行きましょうか。 週末の曇り空、大歓迎なんですが....


PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]