忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[130] [131] [133] [132] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140
Posted by - 2019.10.16,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2006.09.05,Tue

夏休みで暫くご無沙汰でした。 

さて先週一週間、私は何をやっていたかと言うと まったり・だらりで毎日を送っていただけで、
北陸・関西・四国へと、白色牛で走りまくって来ました。 

10009627871.jpg


10009628574.jpg



通常であれば東名~名神高速~中国道を通るのが普通なのですが、今回で 3度目の、関越高速を
北上し、長岡ジャンクションから北陸高速でひたすら西へ。その後北陸高速・敦賀ICで降り、舞鶴まで
一般道を利用。 今度は舞鶴若狭高速を利用するという日本海ルートを選択しました。

10009628007.jpg


10009627968.jpg



太平洋ルートは片道 約 570km。 一方日本海ルートは日本列島を縦に突き切ることもあり、
約 780kmという サンデー・ドライバーが走破するには余りある距離数です。  なぜこんなルートを
選んだかと言うと、北陸高速は快適な走行が体験できるのです。 車の数が少なく、道路全体に直線
あるいはかなり緩やかなカーブのみで作られている。  他の高速道と違い前方の見通しが良く、
何度となく道路の起伏を見渡すことが出来、ドイツ・アウトバーンの雰囲気に若干似ている面があります。
また相対的に SAのレストランの味は悪くなく、海岸沿いを走るため山と海のマッチングが美しいので
走行中飽きることがありません。 

10009627916.jpg


しいて難点を挙げれば道路がほぼ直線で造ってあるため、これでもかというほどトンネルが多く、しかも
それぞれが長い。 ただドライバーによっては自車のマフラー・サウンドを満喫できる高速道路とも
言えるでしょうね。 ただ冬場はどうなのか使ったことがないので分かりましぇ~ん。 
チェーンかスタッドレスは絶対必要なのでしょう。

そしてもう一つの目的、ひょんなことから知り合い、ほとんど毎日訪問させて頂いている北陸にお住まいの
ブログ仲間 、しかもエクスプローラー乗りのMさんにお会いすることでした。 
( Mさんにご迷惑をかけるといけませんので、以下 頭文字表記とさせていただきます) 


午前 3時に自宅出発。 途中関越道の対面通行にやや難儀を苛まれながらも午前 6時前には北陸
高速道に合流する長岡JCTを通過。 途中前日に富士で自衛隊の大規模演習が行われたようで、
ある SAではカーキ色した軍用の車・車また車ばかり。日本海側に近い SAであったため、ヨメと二人、
どこかの国が攻めてきたのかとの錯覚に陥る場面も。北陸高速に入ってからは景色も一転。 
朝焼けの光が差す道路端の土手には、すでに穂を出し始めたススキが風に揺られて順番にお辞儀を
してくれます。 

10009628534.jpg


T市まで残り 150kmとなったときから周りの景色を満喫しながら 80km/h で余裕のドライブに切り替え。
それまではというと…… ある夜の 車内での会話から...、

ヨ メ : あまり飛ばさないでよね。
フラン : そんなに出してへんよ。 今「こだま」か「ひかり」と肩を並べたくらいや。
      まだアクセル余っているので、「のぞみ」くらいまで余裕かも。
ヨ メ :  do アホ ! 
ワンコ : ゼエゼエ  (きっと暑さのせい) 

(注: 上記は何のことだか、ご勝手に想像妊娠してくださいね。)

 午前 9時半に待望の T市に到着。 若干時間があったので市内をぐるぐる回っていると、不思議発見。 
雪が多いため通常横長の信号が全て縦長で設置されているではありませんか。北海道で見た以外
本州では初の体験に、なぜか毛蟹が目に浮かび上がったことに思わず苦笑。  
道路も広く、相対的に敷地面積の広い一軒家が続く街並みに、やはり豊かな暮らしができる県、
全国一位となっている T市散策初体験を体験させて頂きました。 

10009628701.jpg


10009628746.jpg



いよいよ時間が近づき約束場所へと走行。 初めてお会いした MさんはまさにTUBEの歌そのもの。
サーフィン三昧された直後だったこともあり、小麦色の肌に、白い Yシャツの似合う、好青年。
ゆっくりとした口調で語って頂いたお話の数々は、心に染みていくような心地よい雰囲気に包まれていました。

小一時間ほどお話ししたあと、またの再開をお約束して再度の帰省行程となったのですが、これぞネットの
醍醐味ですよね。  見知らぬ人を想像しながら自分でイメージを作り上げ そして実際お会いした時、
予測は見事に裏切ってくれます。 なぜか自分の想像以上に素敵な方ばかり。

たまにおじゃまする浜松近郊でも色々な方と知り合うことが出来ましたが、女性でアメリカン・ブランドの
車を操る方を含め、すごいなぁと感じる時ばかり。 自分より若い人と話していると、日頃気が付かない
小さな自分の夢をまた実現してみたいと自然と思っているのかも知れません。

 再び北陸高速道に乗り、白色牛は再び西へ西へ。 午後 3時に帰省先到着。全行程 12時間の
ドライブであったにもかかわらず、疲れ知らず、時間知らずの日本海ルート探索の一日でした。 

10009628455.jpg


翌日からヨメとワンコで近郊をウロウロ。明石海峡大橋を渡り淡路島一周。 次の日はブログお友達で
有名になった 国道 176号線、通称イナロクを散策。 
途中新しく出来た道の駅へ。「市島」でよろしいのかしらん。 

10009627784.jpg


10009628140.jpg


翌日は神戸 ~ 淡路 ~ 四国を結ぶ本四連絡橋を一走り。 うどんが美味しかったです。

10009627839.jpg



その後だらしない毎日を送りながら一週間があっというまに過ぎてしまい、先週末近くに東京に帰還。 
混雑した高速道にぶち当たったとき、変にほっとするのは何故なんでしょうね (笑)。 
心機一転、月曜日にブログに再び息吹を入れようと思っていたら、殺人的超多忙な一日ににもろくも撃沈。
帰宅して寝るのがやっとで、本日からまたそぞろうごめく機会が出来た次第です。 

10009628807.jpg


10009628636.jpg



あっ、10日間自分をほったらかしにしていたため、今は髭ぼうぼう。その風貌はちょい悪オヤヂどころか、
大悪オヤヂに変身しています。 (これまでも大悪おやぢだったという声が多いのは I recognised, )、
ただ社内で女性軍団に、「似合ってます~」っていう歓喜の声が意外と多いことに多少の戸惑いを
覚えています。

明日それぞれの女性に、「茶ぁ~、シバキに行かへんけ ! 」と、声をかけようと思っている私は、
完璧セクハラ症候群の一員かも知れません。 

ゆっくりさせて頂きました。 またヨロヨロと更新しますので、宜しくです。
 
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]