忍者ブログ
ポルシェ・カイエン S と、911 カブリオレ。  ヨメと家族とポルシェたちに囲まれ、仕事に精出すサラリーマンの ぬる湯 顛末記。
[1] [2
Posted by - 2020.05.26,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by フラン - 2008.07.18,Fri

 
あちこちカブを走り回した今回の小旅行も、ほぼ終了。 自宅への帰還の日を迎えました。
 
いつも名神・東名高速道とお決まりのコースを使っているのですが、今回は少しその行程に変化を
持たそうと、京滋バイパス – 新名神高速道 – 伊勢湾岸高速道 - 東名高速道 という、これまで
走ったことがない、太平洋側ルートを選択してみました。 
この場合、いつも必ず渋滞に遭遇する名古屋小牧 IC 手前を避けることが出来るため、少し時間の短縮が
出来そうな予感。

 
20080720_Map_01.gif


 
実際走ってみました。 名神高速道に乗りしばらく行くと、京滋パイパスに入ります。 
進入路は急なカーブが続きますが、平坦なうねりが快適。 舗装も綺麗。 トラックも少なく走りやすい反面、
バイパスと言うこともあり道幅がやや狭いと思います。 ただいつもの景色と違うため、あっと言う間に
名神高速瀬田東 IC に再び合流です。


20080720_D2Mei_01.jpg


途中カブリオレの距離計は、今年の2008年と同じ 2008 km を記録。 まだ納車後一週間強なのに...。

20080720_D2Mei_02.jpg

 
名神高速合流後直ぐに、瀬田田上 IC から今度は新名神高速道を選択することが出来ます。
新名神は今年 2月に開通したそうで、道幅も広く、舗装も最高。 トンネルは明るいし、中央に引いてある
白線の間隔が何故か長いように思え、速度が出ていないような感覚に陥ります。
制限速度は、最高150 km でも決しておかしくないほど、良く整備された高速道でした。
(実際 最高速度は 100 km ですので、ご注意下さい)
 
サービス・エリアも広く、トイレも綺麗。 ただ新名神高速の、唯一の欠点を発見しました。 
出来たばかりのため、私のナビは道路のないイエロー・カラーの上をずっと突き進んでいます。
ここの道は、ポルシェ製のトラクターに乗っているような気分を味わえます。 (笑)


20080720_D2Mei_03.jpg
 
 
しばらく走ると東名阪道に合流し鈴鹿を経由。 その後伊勢湾岸高速道に繋がり おなじみの東名高速へと
続くのですが、圧巻は伊勢湾岸道から、東名高速道に合流する直前の景色。 豊田市が近いため、大きな
ブリッジから見える港には、おびただしい数の輸出用車両を臨むことが出来ます。 巨大ブリッジと穏やかな
カーブの連続。 そして車線幅の広い高速道。 遠くに見える高層ビルが乱立した名古屋市街。
「ここは日本か ? 」 と思ってしまうほどの景色が、そこにありました。


          20080720_D2Mei_04.jpg

 
 
また途中で出会ったピカピカ・タンクに映る自車の姿は、いつ見ても狂喜乱舞。


20080720_D2Mei_05.jpg
 

 
午後東京着。 今回はいろいろな高速道のブリッジを走ることが出来ましたが、最後の架線橋は、
いつもの東京湾に架かるレインボー・ブリッジ。 遠くに独特のデザインをしたフジ・テレビの社屋が見えます。


20080720_D2Mei_06.jpg


 
自宅到着。 ツーリングの総走行距離は 1,938 km。 997カブリオレ君、お疲れ様でした !

当たり前のことですが何の故障もなく、かつ疲れの少ない快適なツーリングを満喫することが出来ました。
さてリッターあたりの燃費は、なっ、なんと 8.9 km / L。


20080720_D2Mei_07.jpg
 
 
慣らし運転が中心となり 吹かすことがあまりなかったとはいえ、この燃費は以前乗っていたボクスター S と
同じです。 997はもっと燃費が悪いと思っていたのに、意外なほどの好燃費に正直びっくり。
(週末 9.0 km / L に到達したのですが、昨日 3連休初日の大渋滞にはまり、現在 8.6 kmながらも、
決して悪い数値ではないと思います。)
 
 
こうして、あっと言う間に今年の夏休みは終了してしまいましたが、この 3連休もカブのハンドル
握りっぱなしの日々が続いています。  

しかし暑~いですねぇ。 皆様、お身体をご自愛下さいね。
 

 
PR
Posted by フラン - 2008.07.08,Tue

 
7月 6日の日曜日。 173さんとわがまま勝手な納車会を、内輪でひっそり開催させて頂きました。 
173さんも私も大きい集まりに疎く 限定的な行動しかしていなかったこともあり、来ていただける方が
いらっしゃれば大歓迎との思いが先行します。 
 
「まっ、二人だけでもいいから行ってみましょうか」 とのかけ声で、決行してしまいました。 当日大黒 SAに
行く前に、待ち合わせ場所に現れた 173さんの F-430に 気が付いたヨメが一言叫び声を上げました。
「おっ、お洒落~ 」。  
「おいおい、うちの車も変わったんだけど....でもF-430、かなりお洒落やん」 。


20080706_Daikoku_00.jpg
 
 
待ち合わせていた場所で合流。 そのまんま高速道に乗りました。
後ろにピタッと付いて下さった F-430 (以下ヨン様) は、ノーマル仕様のエグゾーストで、とても静かな
サウンドに豹変です。  これまでと違い、「おとなしい」とのイメージが先行、 F-360の時に感じられた
フェラーリ特有の甲高いサウンドが無くなり、バリトンのような低く静かな排気音が後ろから追っかけてきます。
 
ザッ・チャーンス ! 、「これは自車にオプションで付けた、スポーツ・エグゾーストの効果を試す時が来た」と思い、
行程のトンネル内でアクセルを踏むと、997は結構吠えてくれました。

ただやはりヨン様はフェラーリでした。 173さんは本気でアクセルを踏んだのでしょう、羽田空港下の
トンネル内では後ろから迫り来る、見事な低音の遠吠えが迫ってきます。 
思わずつぶやいた一言、 「じゃかましぃ、スポエグの うっとりするような走行音が聞こえへんやん」 などと、
大人の遊びで楽しみながら、いつの間にか大黒 SA に到着。
 
 
そこは 「わっ、満車」 と思うほどの車で埋め尽くされた光景が...。 
ゆっくりと走行し 予定していた場所に進入すると、いつもお会いしていた赤ボクの アイさんにお迎えして
いただきました。 春にお会いしたときの印象から比べると、もう一段生き生きした表情。 楽しい日々を
過ごしていらっしゃることが、一瞬で読み取れるようなお顔立ちです。 赤い車体もぴかぴか。 
理想のご夫妻が、そこに笑顔で待っていて下さいました。


20080706_Daikoku_01.jpg
 

手前の駐車場所が満杯だったため、奥まった場所へと移動し みんなで少しお話ししていると...、
ありゃ、もう一台のヨン様がいらっしゃいました。 173さんと同じモデルでお声がけ下さったそうで、
F-430 X 2 の大競演です。 双子の兄弟のようですが、左が 173さんのヨン様です。 


20080706_Daikoku_01.1.jpg


しかしその光景も天気も暑過ぎです。 外気温は自然と大粒の汗を招き、いつの間にか炎天下の夏を
演じてくれています。
 

77972b91.jpeg


時間をおいて、もうお一人いらしていただきました。 4月にボクスターを納車された「nabeさん」です。 
助手席にはまだ小さいながらも、きりっとしたお顔立ちのご子息。 笑顔の素敵な方です。
Nabeさんのボクスター、旧私のボクスターを参考にして頂いたようで、ツイン・テール・パイプが装着して
あります。 低いサウンドは S よりお似合い、いい音出して もう ◎◎◎ です。


20080706_Daikoku_02.jpg
 
 
気温が 30度を超す炎天下の中、あまりの暑さに小一時間程お話しして散会。 その後走行途中で
Nabeさんを見失い、高速道上で173 さんにはついて行けず、いつのまにか さようなら。 


             20080706_Daikoku_04.jpg


暫くアイさんとご一緒走行したあと、ある SA分岐点でで「またお合いしましょう」と、手を振りながらの再見。
もう少し走りたかったこともあり、暫くの休憩のあと私は常磐高速道を北上。 ゆっくりした時間が流れる
ひとときをもう一度楽しんで、自宅に帰還です。
 
 
エンジン・キーをオフにする前、駐車場で 2台のポルポルが、なにやら語っています。
 
911カブ   : 「 ドモ、よろしくです 」
カイエン S : 「 またかよ。 しゃあないなぁ、横に停めなよ。   
         しかしこの光景、どこかで見たようだなぁ。 また屋根 開きかよ.....」


c1f550e1.jpeg
 
 
暑い夏と余暇の楽しみ、フル回転の毎日がまた待ちかまえています。
日々の仕事の充実感を、もう一度噛みしめなければならないと思った 記念すべき日曜日。
今更ですが 気合いの入った仕事三昧のウィーク・デーを、作り上げたいと思っています。
 
週末の楽しみのために...

Posted by フラン - 2008.07.07,Mon

 
7月 5日 友引。 どんよりと雲がかかり一雨来そうな空模様ですが、オープンするには絶好の天気。
ついに 997 カレラ・カブリオレの納車の日となりました。 まるで小学生の遠足当日と一緒。
やや睡眠不足の中、いそいそと近くの PCへ。 お店に着き、営業担当の方から一通りの説明を受けた後、
いよいよご対面です。


20080705_911_00.jpg

 
ホィールだけが希望と違いましたが、吊しだとわずか 2週間の待ち時間で済んじゃいました。
これまで乗っていたボクスターと全く違わないカラーの容姿に、大満足。


20080705_911_02.jpg


キャララ・ホワイトのボディ・カラーに、ココア・ブラウンのトップ。 そしてサンド・ベージュのインテリア。 
メーターはわずか 14.3kmを刻んでいるのみで、新車の臭いが鼻をくすぐります。


20080705_911_01.jpg
 

今回初めて装着したスポーツ・エグゾースト・システムを早速試してみました。 ボタンひとつで爆音とは
行かないものの、かなり良いサウンドに変身します。 その後トンネルで少し踏み込んでみたところ、
迫力ある音にヨメ共々大笑い。 ハンドル・コントロールの腕もないのに、困ったものです。

若くもないので Tipで十分。 PDKが主流になれば、また考えましょうか。 テール・ライトもお気に入り。 
RH、Tip、そしてバック・アラーム付きと 超軟弱仕様のカブリオレ。 こんな仕様の車体が よくぞ日本に
送られてきたものだと、思わず感心してしまいました。  まるで私と会うかように....。
 

20080705_911_03.jpg



まずは最初に 911に乗ったインプレッション。  ボクスターとの違いです。
 
    幌の閉口時、ストッパー・ハンドルではなく、モーターでフックを閉じてくれるので便利。 また幌の
開き方がかなり豪快になりましたが、全開までに少し時間がかかります。
 
    エンジン・キーの形状はほぼ同じです。 ただ後部トランクのオープン・ボタンが無くなった分、そこに
幌オープンの機能のボタンが付いています。
 
    五連メーターになり、視界が結構賑やかになりました。 日中はホワイトより、ブラック・カラーの
イン・パネのほうが見やすいですね。
 
    シート裏に、荷物を置けるようになりました。 またシートが何処までも倒れるので、ヨメは重宝がって
います。 ホールド感はボクスターの方がタイトです。 足下スペースも若干広くなったような
気がしますが、恐らくボクスターと同じでしょう。 でももう少し広ければ...。
 
◇ 大きなラジエターが下に付いているせいか、ボンネット・トランクがかなり熱くなります。 ボクスターの
   後部トランク同様、生物は入れることが出来ません。
 
    ヨメが後部座席を試乗。 出だしの感覚は、まるでジェット・コースターに乗っているようだと申して
おります。 これでディズニーに行く必要が無くなりました。
 
    取り回しは 997もボクスターもほとんど変わりません。 小回りがききます。 ホィール・ベースは
なんとボクスターの方が長いことに、今頃気が付きました。 ボクスターは意外と大きいと言って
いいのでしょうか、それとも 911はヒップがグラマラスなため、視覚的に大きく見えるのでしょうか。
驚きの一面です。
 
             全 長       全 幅     ホィール・ベース    重 量    最小回転半径
   997 カブ   4,425 mm    1,810 mm    2,350 mm    1,550 kg       5.1 m
  ボクスター   4,330 mm    1,800 mm    2,415 mm    1,420 kg      5.2 m
 
    低中速はボクスターの方がきびきびとし、軽快な走りが出来るのではないかと。 997の走行状態は
やはり重厚さがあり、ハンドルが安定しています。 また中高速からは無理なくすーっと伸びますので、
速度に注意が必要になるようです。 997の乗り心地はボクスターと比べるとソフトです。 PASMオンで
ボクスターの感覚が蘇ってきます。
 
    スポーツ・エグゾースト・システムは、かなりのお勧め。
スポーツ・カーに乗っているという感覚が高まるのはもちろん、めっちゃ遊べます。
 
    これから徐々に良くなるはずの燃費は、現在 6.5km / L。 ガソリン・スタンドが恐ろしい...。
 
 
ボクスターから乗り換えた初インプレッションは、こんなところです。 また走りながら気が付いたことを、
たまにアップしたいと思います。
 
 
Posted by フラン - 2008.07.01,Tue

私事のお知らせで少しためらいましたが、アップさせて頂きます。


今週土曜日 (7月 5日) に、いつの間にか決めてしまったカブが納車予定となります。
実は私の知り合いの 173さんも新しい車に買い換えられたのですが、諸事情で納車が一週間遅れ、
私と同じ日になってしまいました。
「それでは一緒に軽く走りましょうか」ということになり、週末 7月 6日 (日曜日) に 定番の
大黒 SA に行くことに決定。

もしお時間にご都合が付く方がいらっしゃいましたら、冷やかし半分でかまいませんので、
遊びにいらっしゃいませんか ?
お初の方、メーカー、車種問わずでとりあえず屋根が開く車のオーナーの方などなど、
お気軽に来て頂き、お昼頃には解散で如何でしょうか。
ご参加の表明も必要ございません。 またなんのイベントもありませんが、何か軽いお話でも
出来ればと思っています。


現在の参加台数 2台。 ベーシックにも満たない呼びかけで申し訳ございませんが、
下写真 (あくまでもイメージ写真で一台はほぼ正しいものの、もう一台は超過大フォトです) のような
車が停まっています。 
予定は下記の通りです。 よろしければ、暇つぶしにお立ち寄り下さいネ。



日にち : 7月 6日 (日曜日)
時 間 : 午前 10時頃
場 所 : 横浜 大黒 SA  メイン売店を通り過ぎ、出口近くにある売店前。 大型車専用駐車ロット
       そばにある普通車パーキング・エリア
目 印 : ホワイト・カラー 2台の屋根開き車 (下記イメージ写真をご参考にして下さい)



* その一台 ( 素の 911 カブリオレ。 写真は TechArt のカブですので、あくまでもイメージ写真と
         ご理解下さい。 羽根も付いていません。 ボディ・カラーだけ一緒です。 爆 )


20080701_911cab.jpg



* もう一台 (  173さんの納車予定車、フェラーリ 430 スパイダー。 別名 ヨン様 < F-430 >
        まさにこの写真のまんまのようです。 ただ私もまだ拝見していないので、
        脳内イメージのフォトとなっていますが、フォトと同じホワイト・カラーです)


20080701_F430.jpg



万が一納車遅れなどがあった場合、誠に勝手ながら中止とさせて頂きますので、土曜日にその旨を
こちらで告知させて頂きます。 (恐らく無いとは思いますが...)


天気予報によると、今週土曜日は曇り時々雨。 日曜日は晴れ時々曇りとのこと。
自車のバッテリーの充電を兼ねたドライブの途中、ご都合が付くようでしたらお立ち寄り下さいネ。


Posted by フラン - 2008.06.16,Mon

 
昨年 8月にボクスターが私の手元に来てから、ほぼ一年が経過しようとしています。
ヨメ共々オープン・カーの面白さの虜となり、この間走った距離は、13,400km強。 週末だけの
使用で一ヶ月当たり1,000キロを軽く越す走行距離は、過去経験したことがないほどの楽しみと
なってしまいました。 

 
一方ふと振り返れば一年があっという間に過ぎ去り、今を考えると そろそろ歳を意識する
ジェネレーションへと差し掛かって来た自分に気が付いたことも事実です。  これから何を
したいのだろう。 子供もさることながら、この先ヨメとどんな楽しみを持とうかと考え始め、
家族と語る日が日増しに増えてきました。 結局ヨメと私のほぼ結論が一致した夢、
 
「 将来必ず 911 に乗ってみたい 」。
 
いつの間にか我が家の生活に密着した 食卓で交わす一番大きな目標が、 911に乗ってみる、
しかもオープンで....。  同時にそれが、自分の仕事の励みともなって来たことも事実です。 
家庭内でのささやかな夢の実現、どさくさに紛れたように2009年ではなく、現行モデルの
カレラ・カブリオレを 、気合いと共にとうとう買ってしまいました。
ボディ・カラーは全く違いますが、下の写真と同じモデルです。

 
   20080616_911_Cab_03.jpg 
 
 
ウエッブなどでPDKを搭載した、 997の後期モデルが 7月に発売されるとの情報が流れ始めた
頃からでしょうか、かなり意識をし始めヨメに 「 これどう ? 」 と打診。 ヨメは、「 ボディ・デザインと
販売価格を確認した後でもいいのでは」と言います。 
そして 6月 6日に発表された 911の新モデルを見て、「 いいかも ! 」 との気持ちが高揚。
ただ自分の予想を超えた価格改訂と、カブリオレの場合 一年以上かかると思われる納車期間。
さらにこれは好みの問題でしょうが、新 911のテール・ランプのデザインが、私にとって受け入れる
ことが難しかった、ことなどがありました。
 
PDKには魅力を感じつつも、結局取り止め。 また友人から、「 なぬっ、現行モデルの 911 ?
何という世の中の流れに反した行動に出るの ? 新モデル登場で、下取り価格の下落を考えた
ほうが良いよ」 とのアドバイスも頂きましたが、待つことの出来ない私は結局直ぐに乗ることができる
「吊るし」、 いわゆるポルシェ・ジャパンに既にストックされている中のカブリオレ購入に決めました。
 
 
先々週の土曜日、いつもお世話になっているPC に出向き、営業担当の方に最低限 RH、Tip、
キャララ・ホワイトのカレラもしくは S カブリオレ購入を打診。 暫くして帰ってきた答えが、
「 まだ入港先通関検査が済んでいませんが、ご希望のカレラ・カブリオレRH, Tip が一台だけ
見つかりました。 どうされますか ?」 との回答。 
うーんまだ新モデルに後ろ髪を引かれるため、
一日返事を保留して頂き帰宅の途へ。
再度ヨメと相談するも、最終結果はやはり現行モデルにすることに決めてしまいました。 
翌日 ポルシェ・センターの営業の方に、「そのカレラ・カブリオレを押さえて頂くことが出来ますか ? 」、
これでほぼ決まってしまいました。

そして昨日正式契約。 電光石火の一週間です。 
購入した車体には、最低限のオプションしか付いていません。 シート・ヒーター、PASM、そして
どういう訳か、パーク・アシストが付いています。 ヨメの一言、「 あはは、おぢに最適の仕様ね ! 」。
おっしゃるとおりのオプションに、思わず苦笑。 ホィールやその他パーツは、全て標準のままでした。
  
流石に 「 少し寂しいかな ? 」と思い、スポーツ・エグゾースト・システムを追加発注。 テール・
パイプが
2本 X 2 の 4本出しとなり、自分の中のイメージにピタリと合致。 そのうち少しだけ
手をかけて
あげようと考えています。
 
 
納車は 7月初旬になる予定です。
ただ一番気になるのは、これまで親しくしていただいたボクスター・オーナーの皆様方です。 
色々と
アドバイスを下さったり遊んで頂いたにもかかわらず、一年も経たないうちに手放すことに
なりました。 
ヨメ共々ボクスターは、すごく気に入った車です。 少し寄り道を致しますが、
いずれまた所有できればと
思っています。 同時に引き続き同じオープン・カー所有の延長軸として、
お話できる関係を、是非続けさせて
頂ければと願っています。
 
 
7月に入ればカレラ・カブリオレとカイエン S の新しい取り巻きとなり、仕事に対して更に自分を
追い込む環境を作ってしまいました。 人生は一回限りと思う反面、自分にとってもう一段の
飛躍が
必要になってきたことは間違いありません。 これまでと同じように週末は乗り倒し三昧の
日々が
続くと思います。 この楽しみの維持が出来るよう、ウィーク・デーは己にハッパを
かけながら、仕事に没頭したいと思っています。
 

 
小さな夢の実現とともに、当 Blog のタイトルも若干変更しました。 ただ今後アップする内容は、
これまでと大差ないものになろうかと思います。 
現在一日当たり約 200件前後のクリックを頂いています皆様、ごく小さな発信場所ではありますが、
よろしければ引き続きご訪問いただければ幸いです。
 
 
新たなスタートとなった、「day by day with.... 」を、今後とも宜しくお願い申し上げます。
 
 
 
Profile
HN:
フラン
性別:
非公開
自己紹介:
よう来てくれはりました !
Calendar
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Comments
Counter
Others
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]